【自分が支援の主体者に】30,000円のご支援で学校訪問に参加できるツアー
100校に100$の図書を
寄付する

学生たちに日本の印象について聞いてみました

カンボジアの学生たちに日本の印象を聞いてみました

自分の国がどのように思われているかは、大変興味深いところですね。2年Bクラスの生徒たちが、日本についてどんな印象を持っているのかを一言ずつ語ってくれました。

 

・日本人はお辞儀で挨拶をします。90度くらいに腰を曲げます。
・自然がたくさんあります。
・車やバイクなどの、ものを作る技術が素晴らしい。
・いい教育をしていて、人々は技術を持っています。
・経済がとても発展しています。
・昔、アメリカと戦争がありました。
・世界で唯一の被爆した国です。
・日本には、名前は忘れましたが、4つの島があります。
・自然災害がある国です。
・老人問題があります。
・情報がたくさん手に入ります。
・日本の昆虫のアニメを見たことがあって、それが大好きでした。
・日本の製品は壊れないという印象をもっています。
・東京に皇居があります。
・エレクトロニクスで有名です。
・本田選手がカンボジアにサッカーを教えに来てくれました。
・スポーツで世界的に有名な選手がたくさんいます。
・大きな地震がありました。でもすぐに復旧します。
・日本人は時間を守ります。
・街がきれいで、整理整頓をする人たちです。
・日本人は、人に感謝をする民族です。
・普通でない特別な子どもたちを支援してくれます。
 学生の皆さん、ありがとう。

Follow me!

詳細はこちらから

プロフィール
matsuda-counseler

はじめまして。
国際協力非営利活動法人「CheerfulSmile」代表の松田と申します。
私は、現在カンボジアのプノンペンに在住し、最も貧しい地区の恵まれない子供たちへの図書支援並びに読書指導の活動を展開しています。
他の大きな団体のように無駄な経費は一切かけません。
善意がきちんと行き届く支援、喜びを共有できる支援、そして成果が目に見える支援を目指しています。
だから、どんなに遠くても自分の足で現地へ行き、直接支援しています。
一人でも多くの皆様にご協力を頂ければと思う次第です。

代表 松田辰弘

教員養成大学での活動
スポンサーリンク
そうだ カンボジアに支援しよう

コメント

PAGE TOP