【喜びと感動の体験】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

2020-01

活動レポート

図書と共に伝わっていくこと

学校を訪問することの意義 学校支援訪問の意義を今一度考えてみました。 支援リストを入手する。 リストの中から、訪問に適した支援校を抽出する。 事前に訪問し、支援日を確定する。 こうして実現する学校支援訪問。 図書を届けるだけの目・・・>>記事を表示する
活動レポート

クラチエ州とコンポントム州の境にあるソチェット地区を事前訪問

25日土曜日、Kompong Thmaから80km以上離れた村の学校を視察してきました。 一口に80kmと言っても、平坦なオンロードの80kmではなく、凹凸だらけのダートな道の80kmは相当なものでした。 その様子を写真と文章で皆様にお・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

迷信を信じる田舎の暮らし

この人形は、田舎へ行くとよく見るものです。 家の前の門柱に、括り付けられています。 日本の案山子のように田んぼの中にあるわけではありません。 実は、これは現地の風習で、鳥獣が家に入ってこないようにするために置かれているものだそうです。・・・>>記事を表示する
活動レポート

価値ある支援活動「Chrung Popel Primary School」

10日前にカンボジア行きを決断したご参加者 この度のご参加者は、まとまった休暇が取れたため、急遽ご参加を決断されました。 本を届ける支援に魅力を感じて、数あるボランティアの中から、チアフルスマイルの支援活動をお選びいただいたとのことでし・・・>>記事を表示する
活動レポート

コンポントム州Brang Samraong Primary Schoolへの支援

今回訪問する学校は、コンポントム州ではありますが、限りなくコンポンチャム州に近い場所でした。 前泊するホテルも初めて。 レストランとカフェがありました。 そして、バルコニーからは、カンボジアの大平原が望めました。 学・・・>>記事を表示する
活動レポート

与えた以上に受け取ったものとは?

支援とは、与えているようで実は受け取っている。 これは、私の持論でもあります。 カンボジアにお越し頂いたツアーへのご参加者様から短いメッセージをいただきました。 あけましておめでとうございます。 毎年、年末年始の忙しさに、少し不・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

2020年プノンペンのカウントダウン

以前、記事にしていますが、プノンペンのウィンウィン記念塔です。 自宅からここまでは、22㎞もあります。 夜9時に家を出て、10時半には付近まで来たまではよかったのですが、この周囲は大渋滞。 記念塔へ入るのをあきらめて、遠くの芝生の上で・・・>>記事を表示する