Raksmey Sameky Primary Schoolに100冊の図書を支援

活動レポート

コンポンスプー州のKrang Chekコミューンに位置するRaksmey Sameky Primary School。

2022年4月30日(土)にこちらの学校に支援訪問に行ってまいりました。

このコミューンは、結構大きな街で、沿道には様々な店が並んでいます。

インターン校からは、3㎞ほどのところに位置しています。

通り沿いにある校門をくぐると、・・・。

いました、いました。子どもたちがいてこその学校です。

生徒数は552名。幼稚部と小学部1年から6年まで各2クラスずつあります。

カンボジアのほとんどの学校は、授業時数が不足している故、土曜日にも授業が行われています。

朝8時半。1時間目が終わり、休み時間に外で遊ぶ子供たち。皆、裸足です。

きっと、土の感触が気持ちいいのでしょう。

そういえば、カンボジアの学校には保健室なるものはありません。

ちょっとくらいの傷も、子どもたちは気にすることはありません。

休憩中の子どもたちに、

「写真撮ってもいいですか?」

思わず顔を隠す子供も・・・。

笑顔でポーズをとってくれる愛嬌たっぷりの子どもたちでした。

ありがとう。

こちらが、現在資材置き場として使われている図書室に改装する予定の倉庫。

6か月後には、ここで寄贈した本を読む子供たちの姿が見られそうです。

手洗い用の高架水槽。衛生教育には欠かせません。

手動式の井戸。

ある日本人の方によるご支援です。日の丸を見るたびに、日本の方々の支援マインドに励まされます。

教室で、5年生の子どもたちに英語の授業の紹介をさせていただきました。

 

皆さんと一緒に記念撮影。

図書室の完成にあわせて、また何らかの支援をさせていただこうと思います。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたの心が平穏でありますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

EnglishJapaneseKhmer