2021年子どもたちの笑顔

活動レポート

カンボジアの大地をひたすら走り続けて、原野の中に小さな集落が見えてきた。

道はぬかるみ、

電気は通っておらず、

インターネットの電波もまったく届かない。

でも、そんなところにも、林業やゴムのプランテーションで生計を立てている人々が住んでいる。

ゆえに、学校も存在している。

子どもたちの様子を見ると、決して経済的に恵まれているとは言えないが、どの子も笑顔なのが印象的だ。

帰り際に、朗らかに手を振ってくれた子。

この子は手が不自由だが、心は自由だ。

もらった和紙の折り紙を嬉しそうに手に持って帰る子。

褐色の笑顔。

学びを授かる貴重な場所がそこにある。

ものがなくても、心は豊かになれると実感する。

ちょっと、はにかみをみせる子。

笑顔いっぱいな子。

学校に通えているだけ、この子たちはまだまだ恵まれている方だ。

実際に学校にも通うことのできない子たちが、大勢いる。

 

そんな子供たちのために、できることをやっていこうと決意しています。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事の拡散・シェア、大歓迎です。

なお、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント