【秘密情報】長らく閉鎖されていた学校が再開か?

活動レポート

これは、未確認情報ですので、承知の上でお読みください。

先日、学校を訪問したときにある情報を入手しました。

こちらBreyboeng小学校のチャンティ先生は、外部との連絡を行う先生です。

そのチャンティ先生いわく。

間もなく学校が再開するから準備を進めておくようにとの連絡を受け取ったというのです。

連絡は、SNS上から通達されてくるのだそうです。

そうかー、いよいよ再開となるのか。

長いこと待ちわびていたことが、とうとう現実に・・・。

ちょっと、胸が高鳴る気分になりました。

他の学校でも、生徒たちが学校に来て、荒れ果てた学校の清掃を行っています。

土ならし。

雑草取り。

落ち葉拾い。

閉校期間中、ずっと無人だった校庭は荒れ果てています。

教室内にも、ほこりが積もりに積もっていますから、まだまだやることがたくさんありそうです。

近いうちに、Breyboeng小学校の子どもたちの学ぶ様子をこの目で見られると思うと、なんだか心がわくわくしてきました。

 

同時進行中のトイレも学校再開に合わせて、完成できるように進めて行かなければなりません。

屋根には、貯水用の雨どいが取り付けられました。

ここに貯水槽と足洗い場を2基設置されます。

なお、校舎の屋根にも10mの雨どいを設置し、パイプで貯水槽に誘導する仕組みになっています。

校舎の屋根は面積が大きいので、ひと雨降れば貯水槽が満タンになります。

手洗い場、足洗い場の設置により、衛生教育の向上をも目指します。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント