【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤
フェイスブック動画チャンネル

スバイリエンに向けて出発

活動レポート

今回の訪問先であるChantrea Primary Schoolは、スバイリエン州でもベトナムとの国境近くに位置するたいへん遠いところにあります。

いつものように、本屋さんに注文した本を引き取りに行きました。

100$で購入した125冊の本です。

そして、ご支援いただいた方のお名前の入ったシールを一冊一冊に貼ります。

子どもたちが、この日の丸が入った本を手にするたびに日本からの支援であることを感じることでしょう。

今回は、バイクで出かけることにしました。

ホンダの125CCです。

いつもながら、スムーズな走りです。

バイクで移動するメリットは、途中途中で、目についたところに立ち寄れることにあります。

バスで移動すると、そういう自由がまったくききません。

国道一号線沿いでは、日本の国旗をよく目にします。

この看板には、JICAによる道路整備支援のことが書かれています。

この橋は、2005年に日本の支援によりつくられました。

そして、500リエル冊にも描かれている、つばさ橋。

西側のロータリーにあるモニュメントです。

美しい姿です。

橋の中央付近は、メコン全景を望めるので、多くの人が休憩しています。

東側のロータリーにあるモニュメントです。

途中、ローカル食堂にて昼食。

お鍋の中のおかずを自分で選んで、注文します。

スバイリエンの町には、お昼過ぎに着いたので、カフェで休憩です。

こちらのカフェは、たいていWIFIがフリーで利用できますので、パソコンを開いて作業をして時間を過ごしました。

今回は、宿泊を予定していたホテルが水不足でシャワーが出ないということで、紹介されたゲストハウスに変更することにしました。

宿泊予定だったリバーサイドヴィラ。

16:00に紹介してもらった別のゲストハウスにチェックイン。

きれいなバルコニーがありました。

いつもながら沈みゆく夕日がきれいです。

夜は、明日の打ち合わせを兼ねて、訪問スタッフたちと食事に行きました。

My homeという、おなじみのお店です。

この店は、どの料理もおいしいので、ここにいたときにはいつも利用していました。

カラオケのステージもありますが、今日はお客さんが少ないため、歌う人はいません。

学校支援に協力してくれる2人のカンボジア人たちです。

右側のセイハー先生は、今4月に行われるパーティーの準備で大忙しの中、参加してくれました。

明日は、ここから60kmほど悪路を走らなければなりませんので、早めにお開きです。

いつもながら、学校訪問する前日には、ワクワク感があります。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
活動レポート
国際協力非営利活動法人「チアフルスマイル」

コメント