インターン生のオンラインクメール語レッスンを開始

活動レポート

インターン生対象のクメール語レッスンが始まりました。

今週と来週の全7回に分けて、実施いたします。

講師は、Ke Sarathさん。

サラットさんは、日本への滞在経験がありますから、日本の文化や日本人のメンタリティをよく理解しています。

そして、実習生を派遣するための養成機関であるJCIAで、長年にわたり日本語を指導した経験のあるベテラン講師ですから、指導方法の面でも素晴らしい技術をお持ちです。

上は、日本語スクールで、子どもたちを指導している場面ですね。

 

今回参加したお二人。

さすが、語学に通じているだけあって、習得が速いですね。

333は、バイローイ サムサップ バイ。

675は、プラムピーローイ チェットサップ プラム。

たった1時間の指導で、1000までの数が言えるようになる方は、あまりいません。

私がクメール語を初めて習った時には、何が何だかわからず、本当にチンプンカンプンでしたから・・・・。

 

実際に、こちらで生活して初めてわかることですが、英語が全く通じない場面に遭遇します。

とりわけ、地方部ではその傾向が強いです。

そんなときに、たったの一言のクメール語ができるだけで、人との心をつないだりするものです。

チョムリアップスオ

オークン

日本語で言えば、こんにちは、ありがとう。

人を気持ちよくさせる波動を持った言葉。

我々日本人も、例え片言でも日本語を話す外国人に好感を持つものです。

すすんで使えるようになりたいものですね。

渡航までに、更にご自身で復習をしていただければと思います。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたの心が感謝で満たされますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

インターンシップについて詳しく読みたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

ja Japanese