【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤
フェイスブック動画チャンネル

コンポントム州ソンダン地区KompongTaben,SonReth,ChherTealの各小学校への支援訪問を終えました

活動レポート

11月5日(火)に支援者3名と私と通訳のヘローさんの5名で、ソンダン地区への学校支援に行ってきました。

いつものゲストハウスに宿泊しました。

トップフロアのバルコニーから見える朝焼けの空と地平線。

雨季に降り続いた雨のため、辺りが巨大な湖のようになっています。

朝日がまぶしい中、出発しました。

水面に反射する光が輝いています。

道路は、でこぼこもそれほど多くなく、比較的走りやすかったです。

馴染みのドライバーさんも道をよく知っていて、安心して運転を任せられます。

Konpong Taben Primary Schoolに到着すると、子どもたちが駆け寄ってきました。

大人気です。

こっちへおいでと案内する子どもたち。

ハグしてくる子供たち。

シャイな子どもたちが多い印象でしたが、学校訪問でこんな光景を目にするのは初めてのことです。

校長先生が、支援に対してお礼の言葉を述べられました。

図書100冊とサッカーボールとバレーボールを寄贈いたしました。

ご支援者には、立派な感謝状を頂きました。

教室に入ると、子どもたちの熱烈歓迎が・・・。

紙に絵を描いたものをプレゼントされたり、定規やペンをもらったりで、子どもたちの歓迎ぶりは相当のものでした。

支援に来たのに、反対に支援されているようで、ちょっとおかしかったです。(笑)

ここは、中学校も併設されていて、7~9年生もいるので、小さい子たちが日常的にかわいがられて、人懐っこいのかなと感じました。

 

小学校5年生のクラス、算数の授業です。

担任の先生が丁寧に指導されていました。

子どもたちも真剣なまなざしで先生の話を聞いています。

このクラスで、交流活動をさせていただきました。

まずは、自己紹介からです。

日本について知っていますかの問いに何人かの手が挙がりました。

折り紙で手裏剣を作ります。

なかなか説明が難しいのですが、前日の練習通りにわかりやい手順で説明してくれました。

子ども目線に立つことは、交流活動では大切なことですね。

にこやかにピースサインを送ってくれる子どもたち。

和やかな雰囲気の中で、手裏剣の形が出来上がっていきます。

出来上がった手裏剣をもって、皆さんで記念撮影です。

続いて2校目のSom Reth Primary Schoolを訪問。

こちらでも、村長さんをはじめ、皆さんが準備をして待っていてくれました。

そして、寄贈した本をさっそく子どもたちに読んでもらいました。

朗々と音読しています。

この図書室は、村の人と支援団体が半分ずつ負担して建てられたものです。

図書は、村の人々にも貸し出されます。

ちょうど、公立図書館のようなはたらきをしています。

それだけに、管理もしっかりしています。

今回支援した本も、多くの人々に読まれることになることでしょう。

最後は、Chher Teal Primary Schoolです。

校長先生は、にこやかに我々を迎えてくださりました。

「遠いところからお越しいただき、ありがとうございました。そして、支援いただいたことに心から感謝いたします。皆さんがこれからも健康で幸せでありますように祈っています。」

とのありがたいお言葉を頂きました。

そして、感謝状の贈呈。

この学校は、図書室がありません。書庫は、この職員室の隅にありました。

先生方との記念撮影。

これで、8月から継続してきたコンポントム州ソンダン地区全11校の支援をすべて終えました。

私の心の中には、大きな達成感がありました。

帰り道、ご支援者様をアツ小学校にご案内しました。

中田篤仁さんの経歴を読むご支援者たち。

お墓の周りはきれいに掃除されていました。

いつもここに来るたびに、自ら使命をもってここに来られた中田さんの心に触れます。

翌日はシェムリアップにて、アンコール観光とアプサラディナーショーや夜のナイトマーケット・パブストリート散策を楽しみました。

おそろいのカンボジアンスタイルもとてもよく似合っています。

松田さんのおかげで、とても楽しい旅になりましたと言っていただき、私もうれしかったです。

夜も更けた22:45、ホテルに戻られました。

翌日、プノンペン空港から、ホーチミン経由で成田へ帰国されました。

活動レポートをお待ちしています。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
活動レポート
国際協力非営利活動法人「チアフルスマイル」

コメント