Boeng Khnar小学校において算数指導教室を開講

活動レポート

最終更新日 2022年11月30日

こちらは、コンポンスプー州SamlongtongのBoeng Khnar小学校の指導教室です。

小学校3年生の生徒たち30人を対象にしたクラスです。

今回、S先生のご来訪に合わせて、日本の皆様からご支援いただいた算数教材を活用した授業(全8回)を、学校の年度末休業に入るタイミングで開始しました。

S先生は、30年以上の教員キャリアのある元プロ教師です。

S先生は、今回の渡航では、シェムリアップ州でも2週間ほど農村部の小学校にて指導を行っています。

プロ教師だけあって、指導しながらも子供たちの活動を常に細かく見取っています。

インターンの方々には、是非とも、「子供の姿を看取ること」を大事にしてもらいたいのです。

なぜなら、

理解しているのか否か
どんな思考をしているのか

それによって、次の指導を組み立てるからです。

PDCA(Plan➡Do➡Check➡Action)

指導と評価は、一体と言われる所以ですね。

個への机間指導も怠りません。

計算トレーニングの時間は、子供たちの集中力がぐっと高まります。

10分間の緊迫した時間。

子どもたちが思考をフル回転させているのがわかります。

ご覧ください。指計算のオンパレード。

でも、いいんです。

指計算しているパターンを覚えて、そのうちに指を使わなくなります。

だって、この学習は、時間短縮と言う手段で、計算技能を高めることを目的としていますので。

今日は、初回なので、10分の時間を与えていますが、そのうち8分、5分と短縮されていきます。

2時間の学びを終えて帰る子どもたち。

ハイタッチ。

終了時には、きっとどの子も前よりも算数が好きになっているはずです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

EnglishJapaneseKhmer