【Activoのページ】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

ごみの中から宝を見つける子どもたちと蓮売りの少女

活動レポート

コロナウィルスの蔓延に伴い、すっかり人気のなかったプサーリトレイ(ナイトマーケット)。

木曜日の夜に行ってみると、結構な人手でにぎわっているではありませんか。

短パンにタンクトップといった外国人の姿はなく、ほとんどがカンボジアの人々です。

しかも、半数以上の人がマスクをしていません。

現在のカンボジアは、日中の気温が38℃もありますので、したがらないのもよくわかります。

プノンペンにも少しずつ活気が戻ってきました。

そんな、人々が行き交わない裏通りで見た光景。

ちょっと、胸が痛くなる話題で恐縮です。

時刻は、午後9時半。

子どもたちがごみ箱周辺に集まっています。

少し大きな女の子が周りの子たちに指示しながら、何かをしています。

使えそうなものを探しているようです。

スマートフォンの箱、説明書、プラスティック袋の中身・・・・。

カンボジアは、ごみの分別がされていないので、生ごみから、ビンや空き缶まで一緒に捨てられます。

一つ一つ開封しています。

この子が背負っているのは、アルミ缶。

こちらでは、3個で200リエルで買い取ってもらえます。

おそらく50個くらいは集めているので、3000リエルほどにはなるのではないかと思われます。

ある程度、集めたら、次のごみ箱を目指して移動していきました。

気温は、この時刻でさえ29℃もあります。

辺りには、何とも言えないごみ臭が漂っています。

次ページは、蓮売りの少女編➡

コメント