【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤

Oun Longrey Primary Schoolから新校舎建設へのご支援のお願い

雨季になると、校庭が湖になる学校。

それほど、カンボジアの雨季(5月~10月)には大量の雨が降ります。

JHP様から送られてきた下の写真。

ビフォア―、アフターで比較してご覧ください。

この現状の改善を切に訴える学校長の声を取材しました。

こちらのビデオをご覧ください。

Oun Longrey Primary School校舎建設のお願い

Oun Longrey Primary Schoolへは、6月22日に事前訪問し、学校側から支援のご要望を詳しく聞いてまいりました。

これまでにない学校までの凹凸の激しい道。

この校舎に大きな問題があると校長先生は語りました。

雨季には、小舟に乗って登校するという高床式の校舎。

雨季による雨水により、基礎部分の土が流出しています。

天井のコンクリ部分がかなり剥がれ落ちています。

2015年に塗装と一部改修工事をしましたが、危険な状態であるがゆえに教育省からも2018年までの使用期限が設けられていたとのことです。

亀裂の入った壁。

下を通る子どもたちの安全が守られないことを、学校長のサローン先生はとても心配しておりました。

教室数が足りないために、図書室もありません。

職員室に雑多に置かれたわずかな本。

子どもたちは、こんな環境で学んでいます。

へき地の学校のために、支援の手もなかなか入りません。

裏の高台に新校舎を建設することを強く望まれています。

学校建設のご支援については、JHPの建設チーム担当の方に報告済みです。

日本の皆さんの心からのご支援をお願いする次第です。

コメント