カンボジアが旅行者へのe-VISAの発行を再開

活動レポート

18日付の入国要件緩和に続き、10月20日より日本国内にて観光客向けのe-VISAが取得可能になりました。

e-VISAとは、ネット上で取得できるビザのことです。滞在は1か月間有効で、入国後にこちらで更新が可能です。

Cambodia re-opens e-Visa for tourists and investors

カンボジアは旅行者と投資家へのe-VISAの発行を再開します。

2021年10月21日 Khmer timesより

コロナクラスター後、日本国内でさえビザの取得が困難になっていましたので、これはカンボジア政府のインバウンド旅行者の受け入れに向けての本気度を表すものとみてよいでしょう。

さて、今後の見通しです。

旅行者を受け入れるとなれば、政府間で様々な事項が協議され始めるはずです。

①日本政府のカンボジアへの海外渡航レベルの引き下げ
②アライバルビザの所得の再開
③隔離期間の撤廃
④航空便の再開

これらのことが連鎖して動き始めるものと思われます。

 

インターン学校支援訪問へのお問い合わせを度々いただいておりますが、現在、確実に元の通りの方向に動き出していると実感しています。

カンボジアでは、そろそろ雨季が終わり、水祭りに合わせて乾季に。

残念ながら、今年のボートレースは昨年に引き続いてすべて中止になりましたが、この時節的転換期に合わせて、カンボジア国内経済の振興を期待したいものです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

 

 

コメント

ja Japanese