コンポントム州Rka Chour Primary Schoolへの支援を完了

活動レポート

早朝の出発

12月21日にコンポントム州ソンダン地区にあるRka Chour Primary Schoolを支援しました。

今回は、15分早めて5時45分に出発。

比較的涼しいですが、いつもながら気持ちのいい朝日を浴びての移動です。

学校に到着

カンボジアの学校は、7時始業です。

早朝の学校では、子供たちが珍しそうにこちらを見つめます。

校長先生が学校の様子について話してくださいました。

読書スペースです。

古い本はトレイに置かれていました。

次に校内見学をさせていただきました。

日が昇っていない時間帯なので、比較的涼しさを感じます。

ここは5つの村から子供たちが通っているそうで、遠くの子たちは自転車で通学しています。

手動式の井戸を汲み出してみるご支援者様。

交流活動

子供たちとの交流活動では、6年生のクラスに入らせていただきました。

サンタに扮したご支援者に驚く子供たち。

日本について知っていることを質問します。

まずは、リラックス効果をねらって、じゃんけん大会と的あてゲームから。

勝ち残った子にプレゼントが渡されましたが、そのあとにすべての子供にお菓子をプレゼントしました。

続いて、糸電話を紹介します。

こんなに離れていても聞こえるでしょうか。

校長先生もご自身が子供のころに作って遊んだ体験があると話していました。

この振動を利用した楽器作りの工作を行いました。

完成後、子供たちと外で記念撮影。

そして、外で2チームに分かれて、サッカーの対戦。

女の子も結構活発です。

終了後には、サンタさんとの記念撮影。

一緒に写真を撮りたい子供たちが続出です。

クリスマスの時期をとらえた素晴らしい演出です。

通常はシャイなカンボジアの子供たちも、完全に心を開いています。

心と心が触れ合う瞬間です。

子供たちは、照れながらもうれしそうです。

科学の授業を行っていただき、大いに盛り上がった交流活動になりました。

学校訪問の帰り

次回の訪問先となるKampot Chhouk Primary Schoolを視察しました。

サンボープレイクックにて。

アツ小中学校にて。

ご支援者様からの感想

私にとって今回のツアーへの参加は大きな挑戦でした。

カンボジアの文化をほとんど知らない。

もちろん海外支援活動の経験もなし。

でも、僕はどうしてもカンボジアの子供達に手を差し伸べててあげたかった。

求められているものを届けてあげること。

届けてあげることで溢れる子供達の笑顔。

こんなにも美しくて希望に満ちた光景を目に焼き付けたい。

だから僕は、今回スマイルサポートツアーに参加しました。

本を届ける以外に僕にできることは何か。

子供達の笑顔を想像して考える時間は、本当にワクワクが止まりませんでした。

交流の中で最も印象的だったのは、やはり「工作教室」です。

理系大学院に通う僕だからできるパフォーマンスは、工作を楽しみながら理科を教えることかなと思い、簡単な工作教室を開きました。

難易度高いかな〜??と思っていましたが、実際に生徒が工作を始めると想像以上に手際が良くて驚きました。

男の子も女の子も、自分達で作った作品で楽しそうに遊ぶ姿を見た時、本当にこみ上がる思いがありました。

また、サッカーを一緒にプレーして、スポーツに国境なんてないなと本気で感じました。

言葉では繋がることは難しかったけど、ボールを介して繋がることが出来て、貴重な経験になりました。

生徒達の沢山の笑顔を見て、このツアーに参加して良かったと感じました。

ほんの少しだけでもいいので、彼らの人生に変化を与えることが出来ていたらいいなと思います。

今回ツアーに参加して、自分の人生も大きく動いた気がします。また、絶対に帰ってきたいと思います。

理想は僕の開発した商品を届けに行きたいです。

カンボジアに向かう前からツアー終了まで、サポートして頂いた松田先生に本当に感謝致します。

松田先生のおかげで、僕は充実した日々を過ごすことが出来ました。有難うございました!

また通訳のHさん、僕と生徒達を繋いでいただき、本当に有難うございました。

コメント