Hun sen Mukda Primary Schoolへの教科書支援を完了

活動レポート

帰りがてらに、SvayChrum地区にあるNorika smile schoolに立ち寄ってきました。

校長のVannara Both先生です。

図書室を見せていただきました。

きれいに整理された図書室です。

このデザインは、・・・・?と、思ったら、すぐにわかりました。

これは、Hun sen Mukdaと同じFundによる設計です。

『Char Fund』オーストラリアの支援団体です。

比較的、物資も豊富で、支援団体の手も入っている印象を受けましたが、やはり細かなところには手が行き届いていないものです。

新しい図書、ボール、ゲーム類、コンピュータがあればいいと話していました。

子どもたちの様子も参観させていただきましたが、非常にのびのびとしていて、素晴らしい教育をされている印象がありました。

校舎内外共によく整備されている、きれいな学校です。

シーソーや滑り台などの鉄製遊具も置かれています。

同じスバイリエン州でも、中央部と国境近くとでは、かなりの違いがあります。

突風が吹き始める中、この学校を後にしました。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント