Stung Klech Secondary Schoolに建設中の高架水槽設備が完成

活動レポート

最終更新日 2022年9月7日

Stung Klech Secondary Schoolは、2022年7月5日に初めて訪問したコンポンスプー州アオラル地区にある学校です。

なんとKron ChberMon からは、60㎞も離れたところにあります。

こちらには、8月10日に100冊の図書支援を行いましたが、この時に併せて高架水槽設備の支援を行う約束をいたしました。

こちらは、建設前の学校の様子です。

総工費は総額で2,300$で、そのうち当団体からは1,800$の工費を負担させていただきました。

こちらも、プレイボン小学校のトイレ建設に引き続いて、カンボジアと日本の共同プロジェクトとなります。

今回、国内から19名の方々の支援を頂きました。

心からお礼申し上げます。

目標は、昨年建設された小学部にあるものと同様なもの。

こちらはレッドクロスの支援ですね。

工期は2週間の予定で始まりました。

まずは、材料の購入。

高架水槽の土台。

手洗い場。

4名の職人さんたちが手際よく作業を進めています。

 

カッターで切断しながら、やぐらを組み立てていきます。

溶接作業です。

暑い中、熱仕事、本当にご苦労御様です。

タイル貼り。

水栓が取り付けられてほぼ完成。

 

丁寧な作業です。

古い井戸も改修します。

この電動ポンプで、高架水槽に自動的に水が送られます。

2022年9月3日、現場視察に行ってきました。

子どもたちのいない学校で、黙々と作業を続ける作業員さんたち。

水道設備の方は、9月2日に完成していました。

校門前にて。

そして、この日は、支援業務はこれでおしまいなので、この後は、市場で休憩して、一路タサルダム湖へ。

20㎞以上の凸凹道を4台のバイクが無事走破。

美しい自然が広がる地域にあるダム湖です。

大量の水が放水されていました。

現場の空気感が伝わってくるビデオです。

そして、ここでの食事。

空気がおいしいと、食べ物もさらにおいしい。

この後、アオラルの温泉へ。

足湯がなんとも心地いいのです。

夜まで体がポカポカしていました。

9月15日に完成式を行う予定です。(AM9:00開始予定)

支援してくださった方々に、是非とも出席していただきたいです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに英知が泉のように湧き上がりますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

 

コメント

EnglishJapaneseKhmer