カンボジアの歴史

カンボジアの歴史カンボジアの歴史
カンボジアの歴史

【コンポントム州のヒンズー教遺跡】Preah Theat Tuk Chha Temple

先日、コンポントムの帰り道、昼食がてらに、「Tek Chha Tourism Site」で昼食を取りました。 場所は、6号線を走り、スクンの20㎞ほど手前を左に入っていったところにあります。 ここは、旅行者はなかなか気づけません・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

ポルポトの虐殺の歴史をいかにして次世代に伝えるかという問題

ポルポトの大虐殺の歴史からすでに40年の歳月が流れ、現在の学生たちは全くそのことを知りません。 では、現地カンボジアでは、この歴史的事実をどのようにして次の世代に伝えているかをご紹介したいと思います。 特に際立って目に付くのは、プノンペ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

タケオ州のキリングフィールド

キリングフィールドについては、過去記事で何度も取り上げてきました。 プノンペン近郊のキリングフィールド バッタンバンのキリングフィールドで涙する 【ここでも殺戮が・・】スバイリエンのキリングフィールド「Wa・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【歴史あるパゴダ】プレイベン州のWat Preah theat

支援活動の午後、通訳の方の実家にご招待を受けました。 今回は、その帰りの途中で、立ち寄った在るところのレポートです。 国道7号線と8号線をつないでいる県道11号線から、10㎞ほど進んだところに歴史の深いパゴダがあります。 その名は、 ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

カンポットのPhnom Chhngorkは5世紀の洞窟遺跡

カンポットのドリアンラウンドアバウトから、約13㎞ほどの距離に、Phnom Chhngorkという洞窟にある寺院があります。 途中の道は、手つかずの自然道。雨季には、ぬかるみに注意です。 大型車両の後ろでは、土ぼこりが舞い上がり・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

コンポンスプー州のTasal Dam

カンボジアでは、9月~10月にかけて大雨が降ると予想されています。 そこで、8月最後の日曜日に、天気が良かったので、少し遠出してみました。 行先は、アオラル郡からさらに山奥に入り込んだTasalダムです。 途中には先週行ってきた温泉場・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【大量虐殺の責任は誰に】ポルポトの最後と幹部たちのその後

ポルポト政権崩壊後の複雑な歴史 1978年12月25日、ベトナム軍と反クメールルージュ軍であるカンボジア救国民族統一戦線がカンボジアに侵攻。 クメールルージュ軍は北部カンボジアに逃走し、1979年1月7日にプノンペンが解放されます。・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

ポルポト政権後のカンボジアについて考える

カンボジアと言えば、ポルポト政権時代に行われた虐殺のみがクローズアップされがちですが、今日は、その後の歴史について触れてみようと思います。 ポルポト政権時代に再教育と称して行われた、非人道的な虐殺についてはこちらの記事をお読みください。 ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【ガイドブックにない】バッタンバンのバセット寺院

この寺院は、バッタンバンの中心から、サンカー沿いに北上した後、東へ進むと右手に現れます。距離は、15 kmほどです。 バッタンバンのバセット寺院は、ジャヤヴァルマン1世(1002〜1050年)の時代に建てられたヒンズー教の神殿でした。 ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

バッタンバンのキリングフィールドで涙する

バッタンバンのキリングフィールド バッタンバンのキリングフィールドは、市の中心部からサンカー川沿いに北へ6㎞ほどのところにあるSamrong Knongというお寺の隣にあります。 大きな慰霊塔が建てられています。 USA、カナ・・・>>記事を表示する