【喜びと感動の体験】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

6MAKARA

カンボジアの歴史

カンボジアでは、1月7日は特別な日。

それは、ポルポト政権を追放した日であり、人々が圧政から解放されたことを意味する日なのです。

これを、7MAKARA(マカラはクメール語で1月の意味)と呼び、地名や通りの名前に7MAKARAと付けられたりしています。

こちらは、6MAKARAと呼ばれるコンポントム州SUNTUK地区にあるリゾート地です。

なぜ6MAKARAなのか尋ねてみたところ、このダムが完成したのが1月6日なのだそうです。

雨季にたまった水により、辺りは湖のようになっています。

バイクがやっと通れる幅の橋。

その下に水が流れ落ちる段差があり、そこが通路になっています。

ちょっと、怖い感じがします。

ここでバイクを洗車している人がいました。

実際に通ってみると、片側は水の壁ですので、かなりの恐怖感です。

水があふれて落ちてきます。そして、その上を車は通ります。まるで、ウォータースライダーのようです。

地元の人たちは、平気で通っていきます。

自転車を改造したボートを発見。

サポートスタッフのWさんが、果敢にチャレンジ。強風で、うまく進みませんでした。

帰り道は、安全のためにトゥクトゥクから下りました。

勢いをつけて、渡り切りました。

下流の方はこのようになっています。

休憩できる小屋があちこちに立っていますが、お客さんはいないようです。

田舎のちょっとしたリゾート地の紹介でした。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
カンボジアの歴史
カンボジア教育支援「チアフルスマイル」

コメント