【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤
フェイスブック動画チャンネル

クメール王朝が滅亡したわけ

カンボジアの歴史

デビットリーン監督の「アラビアのロレンス」という映画をご覧になった方は、この一場面を思い出してください。

「かつてロンドンが小さな村だったころ、コルドバには街灯が灯っていた。」

ファイサル王子(アレック・ギネス)が、ロレンス(ピーター・オトゥール)に言い放った言葉です。

9世紀に栄華を誇っていたイスラム帝国のことを話しているんですね。

コルドバは、スペイン南部の都市。

そこまで、勢力を拡大していたということです。

当時、西方のイスラム帝国に対し、東方ではクメール王朝が強大な帝国を築き上げていました。

皆さんは、アンコールワットに代表されるかつて栄華を誇ったこのクメール王朝がいつ頃、どのようにして滅びたのかを考えたことはありますか。

16世紀にヨーロッパの東アジアへの侵略によってここが発見された当時には、もうクメール王朝の存在はアンコール近辺にはなく、首都プノンペンに人々は流れていったという事実があります。

遺跡の研究は、世界中の考古学者たちによって、行われました。

その時に、観光客の落書きが、思わぬ歴史の検証に役立つこともあります。

寛永9(1632)年に、森本右近太夫一房(もりもとうこんだゆうかずふさ)という日本人が回廊の柱に墨で書き残したものが残されています。

仏教の聖地を求めて、海を渡り、ここへたどり着いたその志が偲ばれます。

日本では、徳川幕府の体制が始まったころのことです。

その頃には、すでに廃墟と化していたアンコールワット。

推測するには、15世紀前後に滅亡したのではないかというのが有力な説になります。

ただ、どのようにしてということになると、これもまた歴史学者たちの関心のまとですが、14世紀に隣国タイに栄えたアユタヤ王朝との度重なる争いにより国力が低下して衰退していった説や、疫病の流行により国力が保持できなくなった説、国王の後継者争いで内部で対立して勢力が衰退した説など、様々あります。

遺跡内部に残されていた痕跡から、兵士や民を従えて栄えた巨大な王朝であったことが解明されています。

ところが、最近新たな事実が話題になっています。

表面からは遺跡しか見えませんが、埋もれた土砂の下に、プノンペンの広さにも匹敵する巨大な都市があったというのです。

レーザースキャンで明らかになったアンコール遺跡の地下に眠る都市国家

となると、なぜ土砂の下に埋もれてしまったのかと自然に予想したくなります。

ある時期に、タイ、ラオスなど上流からのメコン川の水が大氾濫して、流れてきた土砂ごと巨大な都市を埋めてしまったことも考えられます。

実際にカンボジアの北方にあるプレアヴィヒア州では、何年かに一度は大洪水が起こっていますので、これは十分に想定できることでもあります。

数えきれない人々のはたらきによって修復されて今の姿があるアンコールワット。

現在も多くの人々の手によって修復作業が続けられています。

今我々が持っている知識は、ほんの一部にすぎません。

今後、我々が予想だにしなかった事実が明らかにされていくことでしょう。

まさに、歴史への探求はロマンです。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
カンボジアの歴史
国際協力非営利活動法人「チアフルスマイル」

コメント