【喜びと感動の体験】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

ポルポト政権が生まれた背景

カンボジアの歴史

カンボジアの歴史を語るとき、誰もが虐殺の行われたポルポト時代だけに目が向きがちなのですが、時代の流れには必ず周囲の情勢が関わっています。

そこで、なぜポルポト政権が台頭したのか当時の背景を含めて解説したいと思います。

第二次世界大戦後のイデオロギー

まず、ポルポト政権の起こりの要因には、米ソによる東西冷戦が挙げられます。

第二次世界大戦後の世界は、社会主義圏と自由主義圏とに二極化されました。

アメリカでは、1950年代に共産主義の拡大を怖れるドミノ理論が唱えられました。

共産主義がドミノ倒しのように広がっていく現象。

それは、ソ連を端に発し、北朝鮮、中国、ベトナムと連鎖して、社会共産主義イデオロギーが南下してくること。

ニクソン政権は、これを食い止める方策を打ち出しました。

フィリピンを統治していたアメリカには、このドミノ現象の南下を押しとどめる必要があったのです。

 

当然のごとく、地理的に米ソの中間に位置する東アジア諸国が、その戦場となりました。

こうして、朝鮮戦争、ベトナム戦争、インドシナ紛争では、現地の人々は政治イデオロギーの渦に巻き込まれることになったというわけです。

すべてが、大国が背後に存在していた争い。

ベトナム戦争は、まさに代理戦争。

ソ連が支援する北ベトナム軍。リーダーは、ホーチミン。

アメリカが支援する南ベトナム軍。

ベトナムは、朝鮮半島同様、同じ民族が2つに分断されるという事態になりました。

この戦争は、構図が少し複雑です。

南ベトナムの中にもアメリカの侵略に反対する人々がいたのです。

彼らは南ベトナム解放民族戦線(俗称ベトコン)を結成し、アメリカ軍に対抗しました。

ベトナム戦争は、まさにイデオロギーの戦い。

混とんとした中、戦争は終わりなき争いに入っていきます。

兵器や物量で勝るアメリカ軍。

地の利を生かしたゲリラ戦で対抗する北ベトナム軍とベトコン。

アメリカ軍は、ベトコンのゲリラ作戦に手を焼き、ジャングルを焼き払うために大量の枯葉剤を散布したり、数々の虐殺を行ったりしました。

それらは、戦後、証言者たちが真実を語ったことによって世界に知れ渡ることとなりました。

ベトちゃんドクちゃんは、日本でも話題になりました。

母親が、アメリカ軍がまいた枯葉剤の含まれた井戸水を飲んでいたことによる悲劇でした。

ホーチミンルート

さて、このベトナム戦争中に、北ベトナム軍は戦争物資を南ベトナムのベトコン軍兵士たちに供給するため、ひそかにラオスやカンボジア国内に輸送ルートを作りました。

これが、ホーチミンルートと言われている輸送路です。

勝手に隣国内を通るルートを利用して物資を輸送できたのには、2つの理由がありました。

それは、

カンボジアも政情が不安定で国家を統一できていなかったこと。
空爆を受けているカンボジアの人々にベトコンへの加担意識があったため。

当時のカンボジアの人々には、自国内を空爆するアメリカへの憎しみがありました。

大勢のカンボジア人が自分たちには関わりのない爆撃で犠牲になっているのですから、当然のことです。

こうして、戦火はカンボジア国内にまで飛び火していきます。

北ベトナム軍は、ラオスとカンボジア国内のこのルートを用いて、小型兵器や弾薬をベトコンに送り続けました。

シアヌーク政権は、米ソどちらとも手をつなごうとする中立の立場から、この物資の輸送を黙認していました。

ロンノル将軍のクーデター

シアヌークがこの事態に収拾つけるためにモスクワを訪問しているとき、アメリカはカンボジア国防軍の上層にいたロンノル将軍を利用してクーデターを起こしました。

このようにして、シアヌークが留守の間に、カンボジアにはアメリカを背後に付けたロンノル政権が誕生しました。

ロンノル政権は、アメリカの傀儡政権でした。

当時のアメリカにとっては、ベトナム戦争におけるカンボジア国内への空爆を正当化する必要があったのです。

これを利用して、カンボジア国内を空爆することへの大義を作り上げたのです。

大義を得たアメリカ軍は、隣国の領内であるホーチミンルートを引き続き空爆し、ロンノルの率いる軍隊には軍需物資を供給しました。

このようにして、ベトナム戦争は、他国をも巻き込んだ戦争にまで拡大されていったのです。

 

アメリカ軍のカンボジア爆撃により、数十万人のカンボジア人が犠牲となり、数百万人が難民となりました。

ベトナム戦争終結までにカンボジア国内に落とされた爆弾は、第二次世界大戦中にアメリカ軍が日本に落とした爆弾の3倍の量だと言われています。

カンボジア内戦の始まり

さて、話をカンボジア国内事情に戻します。

アメリカの支援を受けたロンノル軍は、共産勢力である北ベトナム軍や反対勢力であるクメールルージュに攻撃を仕掛けるようになりました。

これに対して、シアヌークは、中国やソ連の支援を受けて、共産党勢力であったポルポト軍と手を組んで、カンプチア民族統一戦線としてロンノル政権に対抗しました。

ポルポトは、国王を擁立しながらも、その実態は、実質的にはカンボジア共産党であり、彼の軍はクメールルージュ(赤いクメール)と呼ばれていました。

(元々、敵対勢力だった両者が手を組んだのは、中国の後押しがあったからだと言われています。)

実際に、カンボジア国内には、1953年パリ和平協定で完全独立を実現させたシアヌークを支持する人々が多くいました。

また、アメリカのカンボジア空爆によって国内に反米感情が高まっていたことから、ポルポトは、この両方を味方に付けることで勢力の拡大に成功したのです。

 

一方、アメリカでは、ベトナム戦争末期、国内で反戦論が高まり、これ以上ベトナムでの戦闘を続けることが困難になっていきます。

ベトナム戦争は、1975年4月30日に北ベトナム軍によるサイゴン陥落で終結されたとされますが、アメリカ軍はその2年前に自軍をベトナムから撤退させています。

同様に、カンボジアからも軍を撤退させていきます。

アメリカの支援を失ったロンノル軍は、シアヌークとポルポトのカンプチア民族統一戦線に包囲され、次第に首都プノンペンに追い詰められていきます。

ポルポトの軍隊は、中国の軍需物資の支援を受けながら、思想教育を受けた少年少女の兵士も含め、数万人の規模にまで拡大されていました。

プノンペンは、当時戦火を逃れて地方から逃げ込んできた一般市民やロンノル軍兵士たちで溢れかえっていました。

食糧もほとんどありませんでした。

当時を知る人が、夜には犬の遠吠えが聞こえなくなったと語っています。

これは、犬の肉さえ食べざるを得なかったという当時の食糧事情を表現しています。

アメリカ軍は、もはやこれまでとばかりに1975年4月1日首都プノンペンから引き上げました。

ロンノル自身もアメリカへ亡命し、政権の崩壊はもはや時間の問題でした。

続きはこちらへ

1975年4月17日 ポルポト政権下の3年8か月で行われたこと


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感できた方は、ワンクリックで投票をお願いします。

明日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
カンボジアの歴史
カンボジア教育支援「チアフルスマイル」

コメント