【Activoのページ】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

【ポルポト政権後の歴史】バッタンバンのキリングフィールドで涙する

カンボジアの歴史
btr

クメールルージュ衰退後の複雑な歴史

1979年カンボジアにベトナム軍を味方につけたヘンサムリン政権が誕生すると、ポルポト率いるクメールルージュは、コッコン州とバッタンバン州に潜伏し、政権側との内戦状態を継続しました。

このヘンサムリン政権の要職に就いていた人々は、ほぼ元ポルポト軍の地方幹部で、ちなみに現フンセン首相もベトナムと国境を接する地方を統括する要職に就いていました。

ポルポトを離反してベトナムを味方につけた元兵士軍とポルポト軍との抗争が長らく続くことになったのです。

しかし、その背後には、大国の存在がありました。

 

ベトナム・ソ連の支援を受けて、制圧しようとする政府軍

中国・タイの支援を受けて、反抗するクメールルージュ軍

 

ポルポトの圧政後の内戦は、いわばソ連と中国の代理戦争のようなものだったのです。

この内戦は1996年まで続き、政府がポルポト軍指導部のためにパイリンという場所を提供するという譲歩によって終結を見ました。

クメールルージュの組織自体も、軍の上層部や兵士たちの離反があり、もはや統制の取れない状態になっていたと言われてます。

地図を確認していただくとわかりますが、バッタンバン州のタイとの国境に当たる西側の一角にパイリン特別区と記されています。(下地図の枠で囲まれた部分)

ここに、クメールルージュの元兵士たちが現在も居住しています。

このパイリン地区は、ルビーなどの宝石が採掘できる場所として有名。

クメールルージュ政権時代の副首相であったイエン・サリがここで実権を握り、映画「地獄の黙示録」さながらの帝国を築いていたというのは、あまり知られていない話です。

バッタンバンのキリングフィールド

さて、バッタンバンのキリングフィールドは、市の中心部からサンカー川沿いに北へ6㎞ほどのところにあるSamrong Knongというお寺の隣にあります。

大きな慰霊塔が建てられています。

USA、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フランスからの寄付によって建てられています。

この慰霊塔の下に石板があります。

あまりにも残酷なため、すべてをご紹介できないことをお許しください。

殺されるのを順番に待つ人々。この人々の目の前で、残虐な行為が行われています。

レイプされた後に殺される女性。

両手、両足を引き裂かれる人。

亡くなられた方々の無念さ、家族の悲しみを考えると、出てくる言葉さえありません。

人の命をこれほどまでに軽く扱われることに対する憤りしかありません。

コメント

  1. 鶴巻 より:

    大変興味深い内容でした。同じアジアの国でこのような哀しい歴史を持つ国がある。人間というものを深く考えさせられます。

    • TatsuhiroTatsuhiro より:

      コメントありがとうございました。とても、悲しい歴史です。大国の思惑によって、多くの人々が命を落とす・・・。我々が真実を伝えつつ、今の若者たちには、平和について深く考えて行動してもらいたいと思っています。