【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤

密林の中に潜むコ―ケー遺跡

カンボジアへ来ると、誰もが真っ先にアンコールワットをイメージするのですが、実はほかにもあまり知られていない遺跡がたくさんあります。

その一つが、コ―ケー遺跡です。

アンコールワットから、北東に100kmほど進んだところにあります。

アンコールワットの入場券では、ベンメリアとコ―ケーは見学できません。

ベンメリアの手前のチケットセンターで10$を支払って、当日券を購入します。

ちなみに天空の城ラピュタのモデルで有名なベンメリアは5$です。

ベンメリアへは、2年ほど前に訪問しましたので、今回はコ―ケーだけ訪問します。

アンコールワット同様、カンボジア人は無料です。

一本道をひたすら走り、コ―ケーに近づくにつれ、次第にジャングルの中に入っていく感覚になります。

928年にジャヤヴァルマン4世が、アンコールからこのコーケーに都を遷して、王位につきました。

その後、20年もたたないうちに、新しく即位した王は、アンコールに都を移したので、その後長い間、ここは密林の中に放置されていたのです。

 

かなり広範囲にわたり遺跡があります。

歩いて回れないので、もちろんバイクで回ります。

この時代に、重さ数十キロはある石を加工して、積み上げて組み立てる技術があったことに驚愕します。

傷みが激しい遺跡もあります。

ピラミッドに向かう途中にあった祠です。

 

そこを通りすぎると・・・。

通路の片側の柱は倒壊して、半分砂に埋もれていました。

王様の居城ですから、警護も厳重であったに違いありません。

 

まだ修復しきれないところがたくさんあります。

そして、森の向こうに見えてきたものが・・・。

巨大なピラミッド型の遺跡です。

この形の遺跡をカンボジアで目にするのは初めてです。

正面に立つとその大きさに圧倒されます。

裏側にかなり急な階段があります。

平日に来るとほとんど人がいないところも、いいですね。

アンコールワットの第3回廊は、100人までしか入れないので、混んでいる日には1時間待ちとかになったりしますから。

6段のピラミッドの頂上は、かなり高いところにあるのがわかります。

頂上につきました。

現地の少年が一人で座って、ユーチューブを見ていました。

何かわからない洞窟のようなところです。

密林を一望できます。

カンボジアがほとんど平原であることが実感できます。

写真では高さが伝わりきらないのが残念ですが、それだからこそ実際に行ってみることに価値があるというものでしょう。

タイ国境の方向です。

30分ほどは、心地よい風にあたりながら、石に座って景色を眺めながら、太古の光景を想像する心の映像を楽しんでいました。

観光の際には、ベンメリアとコ―ケーで一日かかるとお考え下さい。

団体のツアーで参加すると一人当たりが安くなってお得です。

あまり知られていない遺跡観光のルートですので、シェムリアップに来られて、観光客の多さにうんざりしている方にお勧めします。

たっぷりと悠久の歴史に浸れること間違いなしです。

コメント