密林の中に潜むコ―ケー遺跡

カンボジアの歴史

カンボジアへ来ると、誰もが真っ先にアンコールワットをイメージするのですが、実はほかにもあまり知られていない遺跡がたくさんあります。

その一つが、コ―ケー遺跡です。

アンコールワットから、北東に100kmほど進んだところにあります。

アンコールワットの入場券では、ベンメリアとコ―ケーは見学できません。

ベンメリアの手前のチケットセンターで10$を支払って、当日券を購入します。

ちなみに天空の城ラピュタのモデルで有名なベンメリアは5$です。

ベンメリアへは、2年ほど前に訪問しましたので、今回はコ―ケーだけ訪問します。

アンコールワット同様、カンボジア人は無料です。

一本道をひたすら走り、コ―ケーに近づくにつれ、次第にジャングルの中に入っていく感覚になります。

928年にジャヤヴァルマン4世が、アンコールからこのコーケーに都を遷して、王位につきました。

その後、20年もたたないうちに、新しく即位した王は、アンコールに都を移したので、その後長い間、ここは密林の中に放置されていたのです。

 

かなり広範囲にわたり遺跡があります。

歩いて回れないので、もちろんバイクで回ります。

この時代に、重さ数十キロはある石を加工して、積み上げて組み立てる技術があったことに驚愕します。

傷みが激しい遺跡もあります。

ピラミッドに向かう途中にあった祠です。

コメント