【Activoのページ】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

アンコールワットよりも古いプノン・チソー

カンボジアの歴史

カンボジアと言えば、誰もがシェムリアップにあるアンコールワットを思い浮かべますが、こちらは、プノンペンから南に50kmほどいった小高い丘の頂上にある遺跡です。

アンコールワットよりも古い11世紀に建てられたヒンズー教の寺院だそうです。

観光客には、あまり知られていないため、比較的すいています。

ちょうど、午後の光が樹木の影が看板と重なって読みにくいですが、「Phnom Chiso Tourism Site」と書いてあります。

このゲートをくぐって進んでいきます。

何やらJapanの文字が。

遺跡の研究や復興に関わったということでしょうか。

この階段を上って頂上を目指します。

事前に聞いたところによると、400段ほどあるのだとか。

途中にある祠でちょっと休憩させてもらいました。

炎天下なので、帽子がないときついです。(今日は忘れました。)

頂上が見えてきました。

上から見下ろした石段。

左にこんな祭壇がありました。

上にはお堂が立っています。

中からお坊さんの説法が聞こえます。

乾季ですから、樹木はカラカラになっています。

沐浴場。

アンコールワットの第三回廊にもあります。

お坊さん達が身を清める場所です。

金色色に輝く仏像。

像は古来から聖なる動物です。

その向こうに涅槃の仏像がありました。

こちらも沐浴場。

僧の階級によって使う場所を区分けしていたという説明を以前聞いたことがあります。

コメント