【歴史あるパゴダ】プレイベン州のWat Preah theat

カンボジアの歴史

支援活動の午後、通訳の方の実家にご招待を受けました。

今回は、その帰りの途中で、立ち寄った在るところのレポートです。

国道7号線と8号線をつないでいる県道11号線から、10㎞ほど進んだところに歴史の深いパゴダがあります。

その名は、

Wat Preah theat

です。

乾季の今だから、多少の凸凹こそありますが、難なく到着できますが、雨季にここへ到着するのはかなりの困難が予想されます。

こちらが門構え。

古い歴史を感じさせます。

中庭では、金色の獅子の像がこちらを見つめています。

仏塔も年月の経過を感じさせます。

仏心に染み込んでくる仏像の表情。

本堂は改築をされていますが、約1,000年の歴史があります。

土曜日の午後、パゴダ内はとても静か。

最後に、仏様に支援活動への感謝の気持ちをお伝えして、パゴダを後にしました。

 

さて、時刻は午後3時。

逆算して、夕方までにプノンペンに戻れるぎりぎりの時刻です。

帰りの道のスバイエンター。

8号線と11号線が交差する交通の要所です。

実は、ここから、ネアックルンまでの道が快適で走りやすいのです。

昨年、前線の舗装工事が完成しました。

プレイベン州は沼地が多い地域。

橋梁工事を行ったのは、日本のODAです。

昨年は、5kmほど工事区間がありましたが、今は全線開通。

信号機が一切ないため、途中の民家のある地域以外はほぼ時速60kmでの一定走行が可能です。

おまけに路面状態も最高。

この点が、日本の道路と違いストレスフリーです。

ネアックルンで一泊することも考えましたが、そのままつばさ橋を渡り、2時間かけてプノンペンに戻りました。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事の拡散・シェア、大歓迎です。

なお、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント

EnglishJapaneseKhmer