初めて見た!カンボジアの15,000リエル札

カンボジアの生活

最終更新日 2020年11月1日

先日、プレイベン州のスバイエンターという町のある電気屋さんで、充電コードを購入した時のこと。

充電コードは、5$。

「クオリティは大丈夫な製品ですか。」の質問に、「これは安心できるものだ。」と店主が太鼓判を押してくれました。

おまけに、箱から取り出して、試してみろとのこと。

接続すると、きちんと充電マークが出ています。

私が、20ドル札を渡すと返ってきたのが、10ドル札と5,000リエル札と写真のこれ。

なんと、

15,000リエル札。

でした。

2019年に発行されたもののようですが、ほとんど市場には出回っていません。

ノロドム現国王とナーガ像とウィンウィン記念塔が描かれています。

 

これは、本物かと店主に聞くと、OKだとのこと。

じっくり見ると、お札に透明のビニール部分があり、向こうが透けて見えます。

カンボジアのお札は、オレンジ・赤・青・紫・青など、金額ごとに色分けされていて、識別しやすいですね。

カンボジアのお札

きれいなピン札ではないのですが、珍しかったので、ご紹介しました。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事の拡散・シェア、大歓迎です。

なお、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント

EnglishJapaneseKhmer