【2022年12月新規オープン】プノンペンAEON3がAEON1・AEON2と異なっている点

カンボジアの生活

最終更新日 2022年12月24日

2022年12月プレオープンしたばかりのプノンペンのAEON3 MEANCHAY店。

プノンペンの南トンレバサック(Tonle Bassac)エリアから、フンセンロードを5㎞~6㎞ほど南に向かって走った右手に見えます。

遠くにダウンペンエリアのビル群が見えます。

元々、この辺り一帯が湖でした。

相当な量の土砂を運搬して、埋め立てています。

今回は、タクマウ方面から北上して訪れました。

近隣には、コンドの開発が盛んに行われています。

この道路は、そもそもが新空港のために作られた道ですから、将来的には、多くの人が移り住むエリアになることでしょう。

トレードマークの赤紫の看板。クメール語では、スバイクロホームとでも言うんでしょうかね。

むむ、この正面のスクリーンを見て、これまでの店舗と違うと直感。

数値的には、

延 床 面 積:約180,000㎡

総賃貸面積:約 98,000㎡

専 門 店 数:約250店舗

は、最大の規模を誇ります。

日本最大の千葉県幕張店が128,000㎡ですから、それをはるかにしのぐ大きさ。

ううむ、おそるべし・・・。

日本の国旗がたなびいています。

広い駐車スペース。

2輪車用の駐車スペースは、BとDの2カ所あります。

今回は、ややセンターから離れたBに駐車。すいていました。

隣には、スタバが・・・。

入り口付近の駐車プレート「EXCLUSIVE PARKING」。これには、好感が持てますね。

私が90年代のヨーロッパ滞在中、スーパーマーケットの立駐の各回入り口付近は、すべて女性用駐車場でした。世界標準です。

奥のくらいところの駐車は、女性には危険が伴うからです。

入り口には、警備員・体温計・アルコール除菌など、一切なし。

普通に戻った感がうれしかったです。

ん、ん、ん???・・・・。

なんだ、これは? 

なんと、地上階から3階までを貫く巨大スクリーンでした。

実際に見た方が驚きが数倍ありますね。

動画でご覧ください。

そして、各階の壁部分は、すべてスクリーンになっていました。

まるで、巨大水族館。

これまでの店舗と、明らかに差別化を図っています。

イオンさん、ナイスチャレンジです。

トイレの透過スクリーンガラス。

内部店舗は、カミングスーンがところどころありました。営業は、年明けですかね。

12月21日でしたので、クリスマスムードいっぱい。

各銀行も店舗を構えます。

フードコートは、REWARD KITCKENとの表示が。ご褒美キッチンとは、しゃれたネーミングです。

食品売り場の陳列は、1号店や2号店と同じ。

慣れないので、どこに何があるのかわからず、右往左往。

配置が全く異なりますね。

円安で、決して安いとは思えない価格も一緒です。

しかし、イオンでしか購入できないものは、進んで買うべし。

これが、海外在住日本人の心意気です。

1階に上ります。(海外では、1階から3階は、グランドフロア、1階、2階と表示されますので、お間違いないように。)

ウォールスクリーンにどうしても目が行きますね。

人が少ないこともあり、何か心が躍ります。

これ、モニターが全部動いているんですよ。

イオンショップです。

きれいでピカピカ。

ひろーい空間。

1階の店舗も回ってみました。

いつでも、どこにもある、ⅠBC書店。

ん、ん、んん、まて、まてい・・・・。

絶句。

エスカレーター裏までもが、きれいなスクリーンが躍動・・・・。

まるで、頭上に水族館がある感覚です。

1階から見る、大迫力の巨大縦長スクリーン。

確かに、諸々のところにお金がかかっています。

ありました。どこでもダイソー。1.9ドルショップは、今や約280円ショップ。

姿見。よくある、縦に伸びたり縮んだりするやつなのかなと思いきや・・・。

普通でした。自分を映して遊びます。

カンボジアの伝統芸能『スバエク·トム』って知ってますか。

こんなところに、レザークラフトが展示されていました。

1階の端っこには、イオンホールが・・・。イオンモールではありませんよ。

ここは、イベント会場になっていて、中をのぞくと、カンボジアの若い女の子たちがダンスの練習をしていました。

2階部分はレストラン街。先ほどの巨大スクリーンの上部が見えます。

シネマ、やってました。

ジェームスキャメロン監督作品、アバター・ウェイオブウォーターも12月16日に初公開したばかり。

その映像美、ぜひ映画館で見たいですね。

食事をして、外に出ますと、パーキングチケット事前精算機がありました。

これで精算すれば、夕方から夜の出庫ラッシュで並ぶ時間が短縮されますね。

背面から見た建物。

この先は、未舗装ですが、ひょっとしたら、県道20号線(キリングフィールドの道)まで伸びるのではないかと予想しています。

湖を隔てて、ボンケンコンのビル街が見えました。

いかがでしょうか。1号店2号店にないものが満載のプノンペンイオン3号店舗。

日本国内の店舗に比べても、かなり大きいと言えましょう。

2023年にスタディツアーにお越しの方、キリングフィールドへの帰り道、こちらのきれいな新店舗にご案内いたします。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに子どもたちの幸せを願っていただきますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

EnglishJapaneseKhmer