【まさに喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー

カンボジアの仏日(トゥガイセル)

カンボジアのカレンダーには、仏様のマークが月に4こほどついていることに気が付きます。

これは、トゥガイセルという仏教の日を意味します。

一般の人は、家庭で作った料理を装飾された器に盛って、お寺に寄進します。

また、この前日からお寺では、ドラの音を鳴らしてお経をあげたりもします。

市場では、この日は家庭でお供え物のために、バナナやジャスミンの花などが飛ぶように売れるのだそうです。

バナナは、一房丸ごとお供えします。

私が、友人がお供え用に買ってきたバナナを一本もいで食べたら、もう使えないと言っていました。

なお、この仏日には、アンコールワットの第三回廊にも入場できません。

旅行者の方々はカレンダーを要チェックです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。