【一人で貸し切り】2年ぶりにシティバスに乗車

カンボジアの生活

おそらく2年ぶりであろうシティバスに乗車しました。

運行本数は、不定期ながらも、路線を走っていることは確かです。

でも、肝心のバス停が見当たらない。

そう、多分コロナで使っていなかったので、どこかにしまわれているのでしょう。

まあ、この辺だろうとバス停の場所を勝手に決めて待ちます。(笑)

バスアプリでチェックすると、バスマークを少し手前に見つけ、渋滞にはまっていてまだ少し来るまでには時間があると読んで、路上カフェでパッションソーダを飲みながら、電話で会話に夢中になっていたら・・・。

右に目をやると、4Aのバスが勢いよくこちらに向かって走ってくるではありませんか。

アプリでは、まだまだ先のはずなのに・・・です。

かなり適当なんですね、これ。

まだまだ、使えません。

慌てて道路に出て手をあげると、50mほど先で運転手さんが止まってくれました。

前のドアから乗ろうとすると、運転手さんが後ろと指をさしました。

なぜなら、運転席の前側ドアはアクリル板で仕切られて、乗車できなくなっていました。

ううむ、コロナ対策、抜かり有りません。

これ、日本のタクシーの仕切り板と同じ仕組みです。

おまけに、乗車すると普段はいるはずもない車掌さんがいて、おでこの熱チェックされました。

イスも二人掛け禁止で、一人掛けです。

乗客は、なんとご覧の通り私一人。

この4Aの路線、とてものどかな感じです。窓の外の風景。

この道路には、2018年ころには、建物なんてありませんでした。

どんどん周辺部の開発が進んでいきますが、入居者がいるのかが疑わしいですね。

プノンペン、どこもかしこも空き物件だらけです。

ぼっち乗車でターミナルまで5㎞の道を1,500リエルは、トゥクトゥクを使うことを考えればたいへん安上がりです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたの心が感謝で満たされますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

インターンシップについて詳しく読みたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

EnglishJapaneseKhmer