【女性に朗報】カンボジアに来たらヘアサロンに行ってみよう

カンボジアの生活

これは、カンボジアのヘアサロンの話題。

女性の方に、ぜひ参考にしていただければと思います。


さて、3月に初めて、カンボジアの美容院へ行く機会がありましたのでご報告しようと思います。

日本から来られた女性の方がどうしても行きたいということで、余った時間を利用して、ご案内しました。

もちろん、私は、女性の店に入るのは初めて。

まず、お店を探すために、市場で聞きまわったところ、ここからリバーサイドに沿って少し歩いたところにあるとのこと。

さすが地元情報です。

小ぎれいなヘアサロンがありました。

残念ながら、店名は、忘れました。(笑)

 

外から見てもお客さんはいなくてひましているようです。

店内に入り、外国人が来たので、店の人たちが一斉にこちらを向きました。

私が髪の毛先をそろえてほしいとゼスチャーで伝えると、意図がうまく伝わり、席に案内されました。

中年のきれいなお姉さん、慣れた手つきで毛先を上手にそろえていきます。

丁寧な作業に、感心して見とれていました。

傷んだ、枝毛をそろえています。

すると、もう一人店主のような方が出て来て、器具を使ってストレートにした方がいいと言ってきました。

これが、この方の希望に沿っていたため、即やってもらうことに・・・。

何やら、二人で相談しながら、戦略を練っているようです。

2人がかりの作業になりました。

器具を使って、少量ずつ、丁寧に伸ばしていきます。

1人の方は、フェイスパックをしていますね。(笑)

 

仕上がりは、こんな感じ。

作業時間は、約20分。

プライスは、15,000リエル。(3.75$=約400円)

日本と物価を比較したときに、食料品だとモノにより安かったり、反対に高かったりしますが、こういうものは単純に比較できます。

多分、日本の美容院でこの作業やったら、10,000円近く支払うのではないでしょうか。

理容業は、ほぼ人件費しかかかりません。

家事・炊事・洗濯などの使用人を雇っても、賃金は月払いで100~150$ほどです。

こんなことからも、カンボジアの人件費がいかに安いかお分かりいただけると思います。

新たな体験に出会うたびに、様々な世界が見えてきます。

次ページは、男性のヘアサロン➡

コメント