プノンペンにある日本人経営のコーヒーショップ

カンボジアの生活

掲げられている日の丸が、日本人には目を引きます。

プノンペンのYothapol Khemarak Phoumin Blvd(通称271通り)から少し入ったところに、日本人の方が経営しているコーヒーショップがあります。

お店の名前は、「Coffee and Bread」

こちらが、店主の中村さん。

お見せに入ると、整った店内に心地よい音楽が流れています。

看板には、カンボジアと日本の友好の国旗が描かれています。

そして、店内の壁には、フォトギャラリーが・・・。

店主の中村さんは、カンボジア中を訪問し、その足跡を写真のパネルにして展示していらっしゃいます。

元々プロの写真家ですので、見事な瞬間をとらえていらっしゃいます。

 

さて、お店のメニューです。

クメール語と英語で書かれたメニュー。

価格が現地価格になっていることに気が付きます。

そうなんです。

多くの日本人経営者は、在留邦人を対象にお店を開きますが、中村さんのところにくるお客さんは、多くが地元の人々。

コーヒー一杯は、アマゾンカフェに行けば、倍の値段になります。

こんなところにも、中村さんの現地の方々への愛が感じられますね。

 

Wifiがあり、冷房が効いていて、音楽が流れている・・・。

地元の人の隠れファンも多いことでしょう。

新しいメニューとして考えているという「ところてん」をごちそうになりました。

ポン酢と蜂蜜をかけて食べると美味。

カンボジアの人々にも、ぜひ味わってもらいたいですね。

こちらにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事の拡散・シェア、大歓迎です。

なお、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント

  1. なかやん(中村) より:

    私のカフェーを取り上げていただきありがとうございます。

    • TatsuhiroTatsuhiro より:

      現地目線で見ても、素晴らしいコーヒーショップだと思います。日本人の印象を良くしてくださっていることをとてもうれしく思います。