一味違う2022年のクメール正月

カンボジアの生活

最終更新日 2022年4月15日

2020年と2021年のクメール正月は、コロナパンデミックの規制により、帰省が禁止されました。

毎年の帰省を楽しみにしていた人々は、首都プノンペンに滞在することを余儀なくされ、悔しい思いをしていたことでしょう。

しかし、2022年はその規制もなく、人々の心はもはや故郷にあるように見えます。

コンポンスプーでも、リバーサイド付近の道路に各種装飾が施されました。

こういった作業も、高校生や一般の方々のボランティアで行われています。

お疲れ様です。

2月に引き続いて、リバーサイド沿いには、多くの露店が立ち並びました。

業者の方々、開店準備に大忙しです。

プロモーションを含めた各種イベントも行われます。

こちら、中心部の独立記念塔を模したモニュメントのあるロータリー。

なにせ、ここ2年間、人々が集まることを徹底して排除してきた政府が、これを完全に解禁したのですから、人々の心がウキウキしないはずがありません。

あちこちの道路は、通行規制されていました。

日本の正月とは異なった、カンボジアらしい雰囲気に満ち溢れています。

夜には、道路の夜間照明塔にネオンが光ります。

今年のクメール正月は、各地で大移動が予想され、4月11日~17日まで、主要幹線は大渋滞が予想されます。

過去のクメール正月の記事はこちら


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたの心が平穏でありますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

インターンシップについて詳しく読みたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

EnglishJapaneseKhmer