コンポンスプー州Kirirom国立公園

カンボジアの生活

2日前の日曜日に、4月16日の首都プノンペンのロックダウン明け後、初めて州を越えてみました。

プノンペン州の隣のコンポンスプー州。

プノンペン州を出ると、一気に交通量が少なくなります。

それでも、カンボジアでは、現在新規のコロナウィルス患者が発生していないため、郊外のピクニックに出かける人も多いようです。

休憩したところの向かいにあったカフェ。

こういう木陰のある小さなお店でコーヒーを飲むのが楽しみの一つです。

太陽が頭上に来るので、木陰のある場所を見つけたら、早めに休憩をするのが疲れないで長距離を走るコツです。

はるか遠くの地平線まで見渡すカンボジアらしい風景。

私のバイクもすでに20,000kmを走りましたが、エンジンの調子は上々です。

コミューンの入り口に看板が立っているのが、カンボジア。

こちらは、コンポンスプー州のセントラルです。

タックタナウという飲み物で有名な集です。銅像もタナウを売り歩く人がモチーフになっていました。

道路もきれいに整備されています。

ゲストハウスや銀行があります。

これは船を形どった歩道橋です。

おなじみ、2500リエルショップ。

この町から、Kiriromまで一気に走りました。

水辺にあるコテッジ。利用料は、20,000リエルです。

この、ハンモックで昼寝すること30分。

辺りを散歩しました。

おいしい空気をたっぷりと味わいます。

湖畔の静けさ。

空が水面に映し出されています。

つい長居をし過ぎて、午後4時にKiriromを出ましたが、途中で大雨に逢い、雨宿りしながら自宅に戻ったのは夜8時半でした。

カンボジアにも、そろそろ雨季の季節が近づいてきました。

コメント