エンジンのオーバーホール

カンボジアの生活

「雨後の筍」

ちょっと的を得ていないかもしれませんが、

コーヒーショップ
屋台の食べ物屋さん
そして、バイク屋さん

プノンペンで、ちょっとその辺を走ってみれば、この3つは繰り返し繰り返し目にします。

それほど、カンボジアには、そこら中にバイク屋さんがあるんです。

実は、ここのところ私のバイクの調子が悪く、排気管から黒煙が出ることと、オイルの減りが早いことに手を焼いていました。

また、スロットルの反応が悪く、エンジンがやたらとぎくしゃくするのです。

そこで、家の近所のこちらのバイク屋さんに診てもらうことにしました。

 

10月28日 午後2時半。

自宅から5分の、ちょっと見、粗末な小屋のバイク屋を訪問。

若い店主のお店。

(奥の方で奥様に背中をマッサージしてもらっていました。)

英語とクメール語のミックスのやり取りで、

「エンジンの調子が悪いので見てもらえますか。」

「今日はできないから、明日持ってきて。」

てな感じで、仕方なく帰りかけると、

「ちょっと運転して、調子を見てみるから。」

と言って試乗に出ました。

すると、

「これは問題だ。」

と言って、カウルを外し、エンジンを分解し始めました。

エンジンを分解するのを見ているのは、結構好きですね。

内部を見るのが怖い。何となく、嫌な予感が・・・・。

や・は・り・・・・、真っ黒であった。

はい、シリンダーヘッド。

やばいですよ、これは。カムシャフト周りにカーボンが付着して密閉しなくなってました。

こちらのピストンも同様に。

こびりついたカーボンをこすり落としましたが、これは交換した方がいいと言う店主。

当然、ピストンリングも交換となります。

お店には、交換部品らしきものはないのですが、店主の青年はというと・・・・。

プイッと自分のバイクで出かけていき、3分ほどで部品を調達して戻ってきました。

 

実は、カンボジアでは、薬局や雑貨屋などが、同じエリアに固まって存在していますが、このように相互補完し合って経営しているんです。

例えば、クイテウを食べたくてお店に行くと、

「うちにはないよ、少し先の店にあるよ。」

とあっさりと教えてくれたりします。

日本では、商売敵の店なんか教えるものかと言う感じになりがちですよね。

雑貨屋で瞬間接着剤(502)はありますかと聞くと、隣の店に行って仕入れてきたりすることもあります。

このように、バイク屋さんたちも、お店に置いていないものは、互いに助け合って経営しています。

これ、日本には無いシステムで面白いですね。

 

さあ、エンジンパーツをばらしていきます。

こういうことができるバイク屋さんは、腕がいい証拠です。

彼は、部品を一つ一つ外し、そのすり減り具合を目で確かめていきます。

日本でこういうことができる技術を持っている人は、それほど多くはないのではないかと思うのです。

この青年、時々クメール語で話しかけてくることが面白い。

それに日本語で答える私。

「○×△○×△○×△・・・」

「ああ、なるほどね・・・・」

この会話、結構笑えます。

 

パーツをガソリンできれいに洗っていきます。

これを本当に組み立てられるのだろうか。

作業すること5時間。

暗くなってからは、私はスマホのライトを照らす補助をしながら見ていました。

終わったのは、夜の7時半。

オイル交換

エアクリーナー交換

ピストン交換

ピストンリング交換

バルブ清掃

シリンダー内清掃

マフラー清掃

 

これだけやって、120,000リエル(約30$)です。

多分、これを日本でやったら、10万円くらいは請求されるでしょう。

5時間も黙々と作業を続けてくれたお礼に、多めのチップを渡そうとしたところ、この青年、はにかんで受け取ろうとしません。

「飯も食わずに、5時間も作業してくれたんだから・・・。」

と無理に手に握らせました。

若いのに素晴らしい技術を持っている青年。

しかも、真面目で良さげな性格です。

こういう青年が一生懸命働いている姿を見ると、私はとてもうれしくなりますね。

ちなみに、カンボジアの若いバイク店経営者たちは、親から教わったり、若いころ雇用されて働きながら技術をおぼえて、独立します。

カンボジアにも、このような弟子入り制度により、技術が受け継がれています。

お金はかかりますが、技術を教える工業系のインスチトゥートのようなものもありますね。

 

最後に、2週間くらいはシリンダーに交換したばかりのピストンがなじむまで、エンジンを冷却することを忘れないようにと注意を受けました。

ペットボトルの水を携行して、2時間走ったら水でエンジンを冷やせとのことです。

そうか、シリンダー内は、新車時同様だからですね。

そのンジンをかけてみたら、まるで新車ように静かで滑らか。

すこぶる調子がいいです。

これで、明後日の遠出は快適だー。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

ja Japanese