ボーコー国立公園よりも高い山「Phnom Srang」

カンボジアの生活

いやあ、カンボジアにも高い山があることを実感いたしました。

 

コンポンスプーにあるプノンスラン(Phnom Srang)。

 

日曜日に山頂まで登ってきました。

多分、日本人としては数少ない登頂者ではないかと思っています。

なぜなら、完全なる秘境。

その所在さえ、公開されていない場所だからです。

プノンペンから、国道4号線を西に向かって20kmほど進み、51号線を左折。

カンポット方面に30㎞ほど進んだところにある右手の山です。

この辺りは、平原が広がっていますが、左奥に小高い山が見えるかと思います。

あの山頂を目指します。

41号線沿いのKong Piseiという町を通り過ぎたあたりに、この赤いゲートが見えたら右折します。

まず目につくのは、麓にあるいくつかの寺院。

ここには、白い仏陀が座っています。

こんなモニュメントも・・・。

そして、もう少し奥に進むと、黒い仏陀像が目に飛び込んできます。

かなり大きいですね。

仏像の中で、お祈りをしました。

この黒い仏陀を通り越して、バイクで山道を駆け上がっていきます。

かなりの勾配なので、一速でうなりながら登ります。

すでに標高は300mほどは、登っているのではないかと思われます。

中腹まで来ると、そこからは徒歩になります。

かなり急なこんな道を登ります。

途中で出会った剛力の人。

合計60㎏の砂を山頂まで運ぶそうです。

半日仕事にこれを3回運んで、60,000リエルの賃金だそうです。

正直言って、彼らの体力は半端ないです。

しかも、サンダル履き・・・。

仕事を終えて下る人と登る人。

ごつごつした急な岩道。

話を聞くと、通常の人は途中であきらめて引き返してしまうそうです。

1時間ほど休み休み登っていったところに、小さなお堂があります。

すでに、服は汗でびっしょになっています。

ここまで来たら、山頂は近いと聞いていたので、これまでの無事を感謝すると共に、この後の安全を祈願しました。

祈る習慣が身についています。

何しろ、雨季の真っ最中。

急な天候の変化は、命とりになりますから。

そこから20分ほどで、山頂が見えてきました。

山頂の寺院は、現在増改築中。

彼らが運んでいたのは、そのためのコンクリート資材です。

この砂の山は、彼らの汗の結晶です。

こちらが、現在の寺院です。

気持ちばかりの少額ですが、お寺に寄進させていただきました。

お寺の裏に、小屋があります。

ここにいた一人の男性。

彼は、3年もここで修業をしているそうです。

とても気さくな方で、お茶を出してくれたり、ラーメンをすすめてくれたり・・・。

彼の話によると、なんと、ここも標高は1,113m。

カンポットのボーコー国立公園が1,080m。

かなり急な道を1時間以上も登ってきましたので、1,000mは超えていると予感していましたが、ボーコーよりも高かったとは・・・。

1時間ほどおしゃべりをして、雨が降らないうちに下山することにしました。

これは平たんな道ですが、ほとんどがごつごつした急な岩道。

膝ががくがくし始めました。

やはり山登りのだいご味は、見下ろす景色にありますね。

普段目にすることのないカンボジアの大平原が見渡せます。

 

 

山頂まで行くのには、いくつかの困難が付きまといますが、こちらにご滞在の方は、ぜひ一度登頂してみてください。

 

今回は、

「道なき道を行く。」

「私の後に道ができる。」

を活動のモットーとしている自分のチャレンジにもなりました。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント