【動物ショーが目玉】プノンペンサファリ

カンボジアの生活

カンボジアの動物園の記事は、これが2つ目です。

以前、取材したプノンタマウ動物園の記事は下からどうぞ。

今回は、コロナ蔓延期間中、しばらく休園していたプノンペンサファリについて書きます。

こちらの方、まずは、ローカルレストランで昼食を済ませました。

お腹をやられないか心配していたのですが、結構口に合うようで、完食されました。

そして、プノンペン市街から、30分ほどかけてプノンペンサファリにやって来ました。

入場料は、通常20ドルのところを、割引期間中で半額で10ドル。

この方、大の動物好きなんです。

いきなり、原色の鮮やかな羽を持つオウムに目が行きます。

子鹿を至近距離で撮影。

園内は、きれいに整備されていて、歩きやすいですね。

象のショータイム。

ショーの後は、お客さんへのサービスで写真を撮らせてくれます。

バッファローとも、こんな至近距離で触れ合えます。

可愛らしい目をしたキリンに、思わず手を差し伸べます。

オランウータンのショー。

これって、人間との信頼関係がないとできませんよね。

ボクシングの演技、お見事。

調教師さんたちも、お疲れさまでした。

この池には、鯉がたくさんいて・・・。

水面をのぞき込むと・・・・。

ぐるぐると輪を描くように、寄ってきました。

1日かけて、すべてのショーを見たら、満足度100%です。

最後に、アンコールワットを模した正面入り口にて撮影。

この夜、23:00プノンペン発、5:00シェムリアップ着の寝台バスにて、シェムリアップに向かいます。

明日は、アンコール遺跡観光。車中で、ゆっくりお休みください。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

EnglishJapaneseKhmer