【プノンペンは非常事態】とうとう私の地区もロックダウンに・・・

カンボジアの生活

2月20日のクラスター事案の影響を受けるカンボジアでは、

全学校の一時閉鎖
結婚式や各種パーティーの禁止

そして、現在、プノンペンでは、

PM8:00~AM5:00の夜間外出禁止
州間移動禁止
市内数か所のロックダウン
一部工場の閉鎖

などに加え、

全飲食店での飲み食い禁止(販売は許可)
酒類の販売禁止

が発令されました。

いよいよだなと思いきや、なんと自分の家の地区もとうとうロックダウンに…。

こちらは、市場への出入り口。

買い物のために市場へ行こうにも行けません。

デリバリーを頼んで、テープの貼られた内側で受け取る以外にありません。

その時にも、距離を1m開けて、アルコールで消毒しなさいと注意されます。

様子を見ていると、配達のFoodpandaやNham24が運んでいます。このコロナ下で、これらの会社は、業績を伸ばしていますね。

ここの検問所では、IDカードを提出して、チェックを受けているようです。

外からPCR検査証明チェックを受けて、中に入ることはできますが、2週間出られません。

自宅周辺のブロックから通りに向かう道は、すべて閉鎖されています。

そして、ポリスが目を光らせています。

人が全くいない通り。

自宅前もご覧の通りです。

 

そんなわけで、4月24日まで自宅軟禁状態のロックダウンが続きます。

この部屋に閉じ込められて過ごす2週間、人生初めての経験です。

2019年の4月は大停電。

2020年の4月はコロナ騒動。

2021年の4月はロックダウン。

人生、何が起こるかわかりませんね。

戦争で戦闘や空襲がないだけましだと思うようにします。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事の拡散・シェア、大歓迎です。

なお、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント