前シアヌーク国王の命日

カンボジアの生活

10月15日は、故シアヌーク国王の命日でした。

1年前のこの日は、移動先のホテルに滞在していて、テレビ放送ではのきなみ国王の業績をたたえる映像が繰り返し流されていました。

今年は、ちょうど天気も良かったのでリバーサイドへ。

全シアヌーク国王の銅像の周りには、弔意を表す花輪が置かれています。

そして、王宮前の通りには、モニク前国王妃の写真のモニュメントが飾られています。

こういう風景を見るにつけ、カンボジアは王立国家なんだと改めて感じます。

青・黄・赤・白の旗は、宗教的な意味合いのフラッグです。

黄金の建物は、ナガワールド。中国系のホテルです。

現在は、宿泊客は極端に少ないようです。

シアヌーク前国王を慕う国民は、多いです。

リバーサイドは、今日は閑散としています。人が集まる行事は、現在控えているからです。

観光収入が激減しているカンボジア政府の財政状況にも厳しいものがあります。

もちろん、日本のように、全国民への給付金のようなものはありません。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事の拡散・シェア、大歓迎です。

なお、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント

EnglishJapaneseKhmer