【まさに喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー

シルクファームを訪問

今回は、KohDachにある、シルクファームを訪ねてみました。

KohDachとは、ダッチ島という意味です。

ちょうど、メコン川の中州にあります。

陸とつながっていない島ですから、フェリーでメコンを渡るしかありません。

プノンペンのリバーサイドからは、20分ほどでフェリーターミナルに着きます。

 

船は頻繁に行き来していて、10分も待っていればすぐ乗ることができます。

料金は、バイクと人間一人で1,500リエル。

バイクを船内に止めたら、上のデッキに上ることができますが、暑いので誰も行きませんね。(笑)

岸から離れていきます。

対岸の丘の上に豪邸が立っていました。

船着き場です。

ここから、10分ほど走ったところにシルクファームがあります。

入場料は3ドルです。

閉館間際だったためか、来館者はほとんどいませんでした。

シルクと言えば、かいこですね。

幼少のころ、母親の実家で養蚕していて、夜中にもぞもぞと動く音を思い出しました。

この方は、繭の選別をしています。

乾燥させます。

こちらは、すでに糸になっています。

織りあげています。

この方の作業の手さばきは見事でした。

これは、糸を紡いでいるところです。

自転車の一部を利用していました。

こうしてシルク製品が出来上がります。

いつ見ても夕暮れのメコンは美しいです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。