コンポンチャム州ひまわりの里

カンボジアの生活

プノンペンから、120kmほど離れたコンポンチャム州に行ってきました。

目的は、「ヒマワリの里」を訪問することです。

昨年、開園したばかりで、全国的なブームになっていました。

総面積は2ha。ヒマワリがあたり一面に咲き誇っています。

最も背の高いヒマワリをポートレートで撮影しました。

一斉にお日様のほうを向いています。

マリーゴールドもオレンジ色で染まっていてきれいです。

その他の色とりどりの花が咲いています。

通路にはへちまが巻き付いています。

奥には、休憩小屋があります。

風がとても気持ちいいんです。

これらの建物は、全部竹で作られています。

いたるところに日よけ小屋があります。

直射は38度もあるので、焼け焦げてしまいます。

比較的涼しい午前中に行くのがおすすめです。

竹は熱に強く、ひんやりとしていて、材料として理にかなっています。

とても精巧に作られています。

コンポンチャム州はバンブーブリッジで有名。

つる系の作物が日よけになります。

訪問客は、ほんの数名でした。

帰りに、学校に立ち寄ってきました。

高床式の校舎です。

近寄ってみると、日の丸が見えました。

十数年前に日本の支援団体により、建てられたものです。

日曜日のお昼、コンポンチャムのリバーサイド。

メコン川沿いにきれいな花が咲いていました。

昨年の計画停電のときに、この街に1週間ほど滞在したのを思い出します。

のんびり過ごすには、とてもいい街です。

その他、コンポンチャム州の見どころについては以下をお読みください。

Hanchey Resort

Phnom Bros と Phnom Srey

コメント