【まさに喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー

校庭の木にぶる下がっているもの

校庭の木に弦下げられている自動車の鉄ホイール。

これは何でしょう。

答えは、チャイムに使われています。

カンボジアの学校には、校内放送システムがないので、授業の終了の開始や終了の合図は、これをたたいて生徒たちに知らせるのです。

ここ付属小学校でも、8時半になると、この鐘の音を聞いた子どもたちが教室から飛び出してきます。

理数科棟前のフロアは、樹木の陰で涼しいので、子どもたちの人気の遊び場所になっています。

おまけに、学生たちがいつも掃除を行っているのでゴミがなくてきれいだから、遊ぶのにうってつけな場所になっています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。