【まさに喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー

2年生の調理実習

学生たちは、様々な科目を履修していますが、小学校教員養成課程のために家庭科の調理実習があります。

このクメール料理は、2年生の学生が、家庭科の調理実習で作ったものです。

野菜類や肉類が豊富に入っていて、色合いもいいですね。

とてもおいしそうに見えます。

私たちアドバイザーも職員室に呼ばれて、ごちそうになりました。

家庭科の先生の指導通り、ほどよい味付けで、カンボジアの魚醤トゥック・トレイの香りが漂ってきます。

肉、魚、野菜、バランスよく入っていて、栄養面も申し分ありません。

クメール料理は、日本人の口にも合うと良く言われますが、我々日本人にとっても、ごく普通に食べられるものです。

お米も、日本のお米と同じような感じで、とてもおいしいです。

「この料理なら、一品10,000リエルでお店に並べられますね。」と話すと、皆さんから笑いが・・・・。

率直に感想を述べることは、礼儀として大切なことです。

食後に、評価を付けなければならないということで、最高点の5点を差し上げました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。