36期生とのお別れ

教員養成大学での活動

学生たちとお別れする日が来ました。

今週末には、それぞれが故郷に帰省し、赴任校が決まるまでしばしのお休みになります。

私は、学生たちの(密かな)準備に気づかず、不意を食らったのように呼び出されました。

そして、こんな思わぬ展開に。

誕生日ではなかったのですが、お祝いだから何でもいいのだそうです。

いつも、乗りのいい陽気な学生たち。

ハッピーバースデーの合唱。

リーダーのソフェアクレプが、指揮を執ります。

そして、思いがけないプレゼントが・・・・。

みんな、いい子たちばかりです。

久しぶりにジーンと胸が熱くなりました。

教師の道は、修行の道。

絶えず研修を積み、資質を向上させていく強い意志が必要です。

時には、学生たちに厳しいことも言いました。

「現場は、そんなに甘いもんじゃない。」

「もっと、教師としての自覚を高めなければいけない。」

でも、学生たちは、よくついてきてくれました。

そして、教師としての心構えと技量を身につけ、これから全員が教壇に立ちます。

彼らがカンボジアの子どもたちを、きっと良い方向に導いていってくれるでしょう。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント