【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤

驚くほどの結婚式の数

ある日、副校長のマライ先生から招待状を渡されました。

上の写真の最前列左にいらっしゃる大柄な先生です。

娘さんが結婚するので、ぜひあなたにも来てほしいという招待状です。

立派な厚紙で、金色文字で書かれています。

こういうところには、お金をかけるのがカンボジアの慣習なんでしょう。

人に対して礼を尽くすことは、日本のメンタリティとも共通しているように思います。

さて、中には封筒が入っています。

ご祝儀のお金を入れて、持参しての参加になります。

あいにく、今回は出張と日が重なったため、理由をお話しし、辞退させていただくことになりました。

参加はできませんが、心ばかりの気持ちとしてお金を入れて、お渡ししました。

(これが、初めてのご招待でしたが、この後、わたしは、数え切れないほどのご招待を受けました。)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。