【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤

2019年教育実習終了後の報告会

2019年4月4日、教育実習を終えた2年生の活動報告会とその慰労パーティーがスバイリエン教員養成大学で盛大に行われました。

今年も、セイハー先生が中心となって、学生たちと共に連日連夜、準備をしてきました。

校内の装飾、生徒たちの舞踊の指導など、その気合の入れ方は半端ではありません。

私と先日会ったときも、夜9時に再び学校に出向き、深夜3時まで作業をしていたそうです。

日本の支援した建物である理数科棟も飾られています。

今年は、OPPOという携帯電話の会社からの寄贈もあったようです。

朝から、華やかな衣装に着飾った女学生たちが記念撮影をしています。

大学の教官たちです。

この報告会は、当地を管轄する寺院の僧侶、州知事、教育省の統括主幹、警察署長などを招待して行われます。

僧侶によるお祈りの時間。

式典は、厳粛な空気の中で行われます。

国王に敬意を表します。

私も、昨年ここに座っていましたので、空気感がよくわかります。

カンボジア教育の課題と展望、先生方への期待などをお話しされます。

この先生は、リコーダーがプロ並みに上手なんですね。

仮装した1年生たちとの民族舞踊。

そして、恒例のアプサラダンス。1年生が練習を積み重ねてきました。

毎年、出し物の担当は1年生と決まっています。

知事との記念撮影。

報告会では、教育実習の成績の良かった学生への表彰がありました。

そして、報告会終了後は、パーティー会場へと移動します。

左端の先生は、付属小の担任のコンラッ先生で、数学の研究授業に何度も参加していただきました。そして、それを教室の場で活用して、広げてくださった先生です。

学生たちが、踊りを披露し始めました。

州知事も踊りの輪の中に入ります。

パーティ会場は大賑わい。

私も招待されましたが、今年は出張と重なったために、残念ながら参加できませんでした。

乾杯をしてからでないと飲んではいけないというのが、カンボジアの習わしです。

おのずと輪が深まります。

先生方も盛り上がっています。

一気飲みは、世界のどこにもありますね。

この準備に一か月余かけて取り組んできたセイハー先生のご苦労に頭が下がります。

皆さん、本当にお疲れさまでした。

4月10日から、こちらはクメール正月に入ります。

コメント