スバイリエン

活動レポート

【Yさんの活動記1】教員養成大学訪問と学校支援活動への参加

こんにちは。 2/6-4/2の約2ヶ月間、インターン生として活動している大学生のTです。 私は、チアフルスマイルのインターン生です。 現在、プノンペンから西に約50km、コンポンスプー州という場所で活動を行っていま・・・>>記事を表示する
教員養成大学での活動

教員養成大学での計算ボードの製作

教員養成大学で、計算ボードの製作実習が行われました。 カンボジアの学校には、学習教材がほとんどありませんので、教師の創意工夫が不可欠です。 身近な素材を用いて、自分たちの手で教材を作り出す。 学生たちも、このような実習が、・・・>>記事を表示する
教員養成大学での活動

2022年教員養成大学の新入生

昨年は、コロナ下で全学校が閉鎖に追い込まれていたために、各教員養成校も新入生の募集を行いませんでした。 それは、ある意味、教育の質の向上を1年間も停滞させました。 しかし、今年は違います。 意欲ある新入生たちが入ってきました。 ・・・>>記事を表示する
教員養成大学での活動

【実践理科教材】太陽系の惑星間距離

遥かなる宇宙。 自ら輝く無数の恒星。 この恒星の内のほんの一つが太陽。 この太陽系をより具体的に捉えるための教員養成校での実践授業です。 太陽系の始まり「ビッグバン」 今から遡ること約138億年前にビッグバンと・・・>>記事を表示する
教員養成大学での活動

【詳細を取材】これが教育省主導のオンライン授業だ!

昨日、久しぶりにスバイリエン州に出かけました。 今回は、現在閉校中のカンボジアの教師たちの指導の様子を細かに取材するのが目的でした。 取材に協力してくれたのは、KimhongくんとTarryさんの両人です。 2人は、教員養・・・>>記事を表示する
教員養成大学での活動

教育の質的支援とは

このところインターンシップの個別説明会を続けて行っています。 その中で、協調してお伝えしているのが、 質的支援 と言う言葉です。 魚を与えるのではなく、釣り方を教える。 つまり、中身を教えること。 例えば・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

【手つかずの自然】スバイリエン州の美しい風景

スバイリエンの豊かな自然を捉えた写真を元教員養成大学の学生が送ってくれました。 最近のスマホは、カメラの機能が一段と向上していますね。 おそらくオッポでの撮影だと思われます。 ううむ、恐るべし、OPPO。 *カンボジ・・・>>記事を表示する
活動レポート

Koh Russey Primary Schoolへの支援計画

次々と支援の要請が入ります。 教員養成校36期のMonthaiさん。 現在、スバイリエン州chantrea地区のKoh Russey Primary Schoolに勤めています。 ここは、生徒数81名の小さな学校です。 校舎・・・>>記事を表示する
活動レポート

スバイリエン州Brasableak Primary Schoolを事前訪問

プノンペンから、距離にして172㎞。 国道1号線をホーチミンの方向にひたすら走り、つばさ橋を渡り、スバイリエンの街も通り過ぎると、チフーという宿場町があります。 そこを右折して、さらに18kmほど進んでいきます。 すると、ベトナム・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

シータ先生の結婚式に参加

スバイリエン教員養成大学のシータ学長がご結婚 ご報告が遅れましたが、1月にシータ先生の結婚式に参加してきました。 今回は、カンボジアの結婚式の様子をたっぷりとご紹介します。 朝、9時ごろにプノンペンを出発。 ちょうど、渋滞が収ま・・・>>記事を表示する
EnglishJapaneseKhmer