プノンペン

カンボジアの生活

プノンペンの経済特区を視察

カンボジアには、5か所に6つの経済特区があります。 経済特区は、Special Economic Zone(略してSEZ)と呼ばれます。 (1)プノンペン経済特区 総面積 360ha (2)マンハッタン経済特区(スバイリエン) 総面積・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

プノンペン~シアヌークビル間に高速道路を建設中

プノンペンからシアヌークビルまで約220㎞。 国道4号線はカンボジアでも屈指の交通量を誇ります。 そのため、渋滞が起こりやすく、区間5~6時間かかることもしばしば。 また、道路の舗装状態が極めて悪く、運転時には窪みに車輪をはめないよう・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

正月帰省「プレイベンからネアックルンへ」

今年は新型コロナウィルスの影響で順延になっていたクメール正月。 8月17日~21日の5日間は、多くの人が故郷へ帰ります。 従って、プノンペンは極めて人が少なくなります。 今回は、友人の正月帰省に同行しました。 プノンペン中心・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

活気を取り戻しつつあるプノンペンのナイトマーケット

新型コロナウィルスが流行し出してから、5か月。 今年の4月あたりは、ほとんどお客さんが来ていませんでした。 かといってお店の店員さんたちは、店を閉めるわけにもいかず、開店しながらも、スマホをいじくっている人が多かったことを思い出します。・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

プノンペン近郊のキリングフィールド

以前学校を訪問した時のキリングフィールドを再び訪問しました。 空港から、国道4号線を10㎞ほど、コンポンスプーに向かっていったところにあります。 ここは、チュンエク村のような観光場所になっているところではなく、訪れる訪問客は皆無です。 ・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

新型コロナショックで家賃を下げてくれた大家さん

昨日、プノンペンの物件をご紹介したのは、私も、現在他の物件を探しているからだったんですが、実は、今日、大家さんから意外な提案がありました。 こちらが私の現在の部屋。 24時間セキュリティで、防犯カメラ付き。 ベッド、布団、家具、テ・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

プノンペンの外国人向け賃貸物件を紹介

プノンペンの賃貸物件の紹介です。 今回、ご紹介するのは、市内中心部の物件で、外国人向けのものです。 現在、新型コロナウィルスの影響で極端に外国人がいなくなり、賃貸価格が低下していますので、短期~長期滞在したい方は今がチャンスです。 カ・・・>>記事を表示する
フェアトレード

カンボジアの女性工場労働者たちの苦悩

チアフルスマイルは、以下の3つを柱を元に活動をしています。 図書を届ける 暮らしを助ける 教師を育てる 暮らしを助ける部門のフェアトレード。 現在も、不遇な工場労働者が少しでも収入を増やすために、刺繍ワークに取り組んでいます。 ・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

悲しさ漂う映画館

プノンペンのイオンモール2号店です。 日曜日、ウォーキングを兼ねて、広い店内のイオンモールを見て回りました。 映画館にはつきものの、ドリンクやポップコーンなどの販売店の様子です。 パラパラとお客さんが来ているようですが、肝心の映画・・・>>記事を表示する
活動レポート

プノンペンに残る旧ソ連の名前

カンボジアには、旧ソ連と関連する地名がたくさんあります。 まずは、 クメールソビエトフレンドシップホスピタル 現在、数名のコロナの患者が隔離されています。 Toul Tompong Marcket(俗称 ロシアンマーケット) 民芸・・・>>記事を表示する