ポルポト

カンボジアの歴史

ポルポトの虐殺の歴史をいかにして次世代に伝えるかという問題

ポルポトの大虐殺の歴史からすでに40年の歳月が流れ、現在の学生たちは全くそのことを知りません。 では、現地カンボジアでは、この歴史的事実をどのようにして次の世代に伝えているかをご紹介したいと思います。 特に際立って目に付くのは、プノンペ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

タケオ州のキリングフィールド

キリングフィールドについては、過去記事で何度も取り上げてきました。 プノンペン近郊のキリングフィールド バッタンバンのキリングフィールドで涙する 【ここでも殺戮が・・】スバイリエンのキリングフィールド「Wa・・・>>記事を表示する
活動レポート

ポルポトの記事へのご意見をいただきました

ブログにてカンボジアについて様々なことを発信していると、いろんなご意見を頂けます。 これは、発信者にとっては、読み手がどのようなお気持ちで受け止めていらっしゃるかがよくわかるという点で、大変貴重なことです。 まずは、ブログを楽しみにして・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【大量虐殺の責任は誰に】ポルポトの最後と幹部たちのその後

ポルポト政権崩壊後の複雑な歴史 1978年12月25日、ベトナム軍と反クメールルージュ軍であるカンボジア救国民族統一戦線がカンボジアに侵攻。 クメールルージュ軍は北部カンボジアに逃走し、1979年1月7日にプノンペンが解放されます。・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

バッタンバンのキリングフィールドで涙する

バッタンバンのキリングフィールド バッタンバンのキリングフィールドは、市の中心部からサンカー川沿いに北へ6㎞ほどのところにあるSamrong Knongというお寺の隣にあります。 大きな慰霊塔が建てられています。 USA、カナ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

カンボジアの将来はどうなっていくのか

カンボジアの10年後は、どうなっているのか。 こんなことを最近よく考えます。 今回は、お若い方向けに「戦争・歴史・政治」の話題に始まり、国の将来を見据えての考えを述べさせていただきます。 「政治的中立を保つ」という観点から、批判する内・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【ここでも殺戮が・・】スバイリエンのキリングフィールド「Wat Koh Chum」

プノンペンから、国道1号線をホーチミンに向かって120㎞。 そこが、カンボジア、スバイリエン州のセントラル。 そのまま進むと、50㎞ほどでベトナムとの国境の町バベットへ着きます。 ご存じの通り、ベトナム戦争~内戦時代には、ベトナム・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

キリングフィールドはカンボジア中にあるという話

写真を整理していたら、かなり前にバッタンバン州に行った時のものが出てきました。 バッタンバン州は、プノンペンからは、国道5号線で300㎞ほどの距離です。 写真の日付が、2018年4月9日になっていましたので、約2年前。 なぜバ・・・>>記事を表示する
活動レポート

いくつかの記事の閲覧数(PV)が急増

最近、驚いていることがあります。 以前書いたある特定の記事の閲覧数(Page View)が急増しているんです。 それが下の3つの記事。 ポルポト政権が生まれた背景 カンボジアで1960年代にポルポト政権が躍進したイデオロギーにつ・・・>>記事を表示する
活動レポート

ポルポト時代を生き抜いたカンボジア人女性ポンナレット久郷さんの存在

トップのお写真は、久郷ポンナレットさん。 私がカンボジアを支援する理由の一つになっているのが、この方の存在。 現在、日本に住んでいる正真正銘のカンボジア人です。 彼女は、1975年~79年の間のポルポト政権下のカンボジアで、ご両親と兄・・・>>記事を表示する