施設

カンボジアの生活

カンボジアで急増する麻薬密売

カンボジアで潜在的な問題として残っているのが、麻薬問題。 隣国の国境を越えて、人の出入りと共に持ち込まれるケースが後を絶ちません。 そんな現状に対して、カンボジアでは死刑制度はないものの、80g以上の麻薬を所持しただけで、終身刑が確・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

バッタンバンのキリングフィールドで涙する

バッタンバンのキリングフィールド バッタンバンのキリングフィールドは、市の中心部からサンカー川沿いに北へ6㎞ほどのところにあるSamrong Knongというお寺の隣にあります。 大きな慰霊塔が建てられています。 USA、カナ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【ここでも殺戮が・・】スバイリエンのキリングフィールド「Wat Koh Chum」

プノンペンから、国道1号線をホーチミンに向かって120㎞。 そこが、カンボジア、スバイリエン州のセントラル。 そのまま進むと、50㎞ほどでベトナムとの国境の町バベットへ着きます。 ご存じの通り、ベトナム戦争~内戦時代には、ベトナム・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

休園中のプノンペンサファリパーク

2018年にオープンしたプノンペン郊外にあるサファリパーク。 すぐ近くには、以前にご紹介したWIN-WIN記念塔があり、そして2022年のアジア大会に向けて急ピッチで建設されているスポーツスタジアムがあります。 ゲートをくぐ・・・>>記事を表示する
活動レポート

プノンペンのDon Bosco School Teuk Thlaを訪問

3月2日月曜日、プノンペンの「Don Bosco School Teuk Thla」を訪問してきました。 こちらは、サレジオ修道会の学校です。 サレジオ会とは、青少年教育とキリストの愛を伝えるため世界130以上の国にあるカトリック修道会・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

6MAKARA

カンボジアでは、1月7日は特別な日。 それは、ポルポト政権を追放した日であり、人々が圧政から解放されたことを意味する日なのです。 これを、7MAKARA(マカラはクメール語で1月の意味)と呼び、地名や通りの名前に7MAKARAと付けられ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

アンコール パノラマ ミュージアム

この博物館は、アンコールワットのチケット売り場の横にあります。 2015年に開業した朝鮮民主主義人民共和国の支援により建設したきれいな博物館です。 入り口には、巨大な微笑みの像の絵画が展示されています。 左のチケット売・・・>>記事を表示する
活動レポート

Phisical Rehabilitation Center Siem Reapを訪問

先日見学した、アキラ地雷博物館に引き続いて、その被害者の生活適応支援をするPhisical Rehabilitation Centerを訪問しました。 この施設は、各州に置かれる公的な機関であり、カンボジアの11州に設置されていま・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

地雷博物館の名前は、アキラーミュージアム

カンボジア国内には、数百万個の地雷がいまだに残されているといわれています。 シェムリアップの町から、バンテアイスレイに向かって車で1時間ほど走ったところに地雷博物館があります。 名前の通り、掘り起こされた地雷や兵器が・・・>>記事を表示する
カンボジアの生活

アプサラディナーショーが見られるKOULEN RESTAURANT

シェムリアップにアプサラショーを堪能できるレストランがあります。 「KOULEN Ⅱ RESTAURANT」といいます。 シェムリアップのほぼ中心部にあります。 土曜の夜なので、団体客が入っていることを見越して、ステー・・・>>記事を表示する