虐殺

カンボジアの歴史

ポルポトの虐殺の歴史をいかにして次世代に伝えるかという問題

ポルポトの大虐殺の歴史からすでに40年の歳月が流れ、現在の学生たちは全くそのことを知りません。 では、現地カンボジアでは、この歴史的事実をどのようにして次の世代に伝えているかをご紹介したいと思います。 特に際立って目に付くのは、プノンペ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

タケオ州のキリングフィールド

キリングフィールドについては、過去記事で何度も取り上げてきました。 プノンペン近郊のキリングフィールド バッタンバンのキリングフィールドで涙する 【ここでも殺戮が・・】スバイリエンのキリングフィールド「Wa・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【大量虐殺の責任は誰に】ポルポトの最後と幹部たちのその後

ポルポト政権崩壊後の複雑な歴史 1978年12月25日、ベトナム軍と反クメールルージュ軍であるカンボジア救国民族統一戦線がカンボジアに侵攻。 クメールルージュ軍は北部カンボジアに逃走し、1979年1月7日にプノンペンが解放されます。・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【170万人の虐殺】ポルポト政権が3年8カ月の間に行ったこと

1975年4月17日 人々は悪夢を見た 1975年4月、ベトナム軍の支持を得たポルポト軍が破竹の勢いで、首都プノンペンに迫ってきました。 ベトナムの戦局が悪化していたアメリカ軍は、カンボジアからも撤退し始めていました。 もはやこれ・・・>>記事を表示する
カンボジアの歴史

【忌まわしき虐殺の時代】ポルポト政権が生まれた背景

カンボジアの歴史を語るとき、誰もが大虐殺が行われたポルポト時代だけに目が向きがちですが、時代の流れには必ずその時の世界情勢が関わっています。 そこで、ポルポト政権が台頭した理由を時代背景を含めて解説したいと思います。 第二次世界大戦後の・・・>>記事を表示する