【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤

ブンヘンさんのお宅を訪問

いつも、活動をサポートしてくれるブンヘンさんのお宅を訪問しました。

彼は、人里離れた奥地に住んでいます。

コンポントムの教員養成大学でサポートスタッフとして働きながら、週末にはコンポンチャムの自宅に帰り、自家農業を営んで生活をしています。

家に帰るのは、土日と休日だけなんです。

国道6号線から、脇道に入り、10kmほど走らなくてはいけません。

凸凹が激しい道。

雨季には、路面がかなりぬかるみます。

電気は通っているものの、手つかずの自然の中をひたすら走ります。

おばあちゃんがお孫さんを連れて歩いていました。

人の姿を目にすると、なぜかほっとします。

人工物が少なく、まさに原野という感じです。

見落としてしまいそうな、自宅への入り口。

茂みの中を進んでいきます。

50mほど進んだ奥に家が見えてきます。

この木造の家は、ブンヘンさんが自分で建てたのだそうです。

家の裏にある大きな池。

ここで、食用の魚を養殖しています。

家の裏には、家畜のえさになる藁が積み上げられています。

休耕している田んぼ。

1歳半の娘さん。

人見知りが少しずつ抜け始め、時々笑顔を見せてくれます。

よそから来た人だと感覚的にわかるようです。

冒頭の写真にあるように、日常の生活水は雨水を水瓶にためて利用します。

奥様が料理をふるまってくれました。

ブンヘンさんは、とても気さくな方で、私にとっては弟のような感覚です。

もちろん、日本語ークメール語の同時通訳ができるくらい、通訳の能力も高い方です。

コメント