カンボジアが11月から観光客受け入れを再開か

活動レポート

未確定情報ですが、カンボジアへの渡航を希望している方、インターンシップ参加希望者に朗報です。

カンボジア、ワクチン接種済の観光客受け入れを検討 11月から

プノンペンポステより

長らく観光客を締め出していたカンボジアですが、今年11月より入国が緩和される見通しとなりました。

但し、条件付きです。

①2回のワクチン接種を完了していること。(要証明書)
②書面による陰性証明書

この2つに要件を満たしている方のみ、入国が許可されるようです。

また、入国の際の大きなボトルネックとなっていた14日間の隔離も、期間短縮もしくは

免除となります。

 

このことは、カンボジア政府にとっても死活問題。

観光客が入らないことにより、観光収入が激減しているのですから。

特に、シェムリアップの多くのホテルは、一時休業や閉鎖に追い込まれています。

 

コロナパンデミックも、かつての狂牛病や鳥インフルエンザのときのように、いったいあれは何だったんだと思える日が来ることを信じたいですね。

 

学校も再開準備をはじめてはいますが、10月のプチュムバン(お盆)明けの再開ではないかと言うのが、現地の方々が感じている見通しです。

 

2021年、秋、世界がこれまでの閉塞状態から、息を吹き返しそうな予感がしています。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント